参加者が元気になる研修やってます

研修テーマ一例 

*職場における円滑なコミュニケーションの図り方

*リーダーとしての5つの重要な在り方とは

*リーダーが常に意識しておくべき3つの事とは

*部下の能力や問題解決力を引き出すコミュニケーションセンスを鍛える

*ダメージやストレスを軽減するコミュニケーションセンスとは

*ダメ出しやアドバイスを入りやすくする関わりとは

など等、参加者に「出来るかも!」が生まれる研修

 

「参加者が絶対に元気なるから」genki1

と薦められて来ました。

 

ある研修担当者がおっしゃったのを聴いて、改めて気づきました。

どんなに素晴らしい内容の研修であっても、参加者が元気になれないのであれば、あまり意味がないのだということに。

確かにそうです。

たった数時間、長くて数日の研修。

参加している間、元気や勇気が湧くものでなければ忘れ去られ実際に活用されない。

では、元気や勇気はどこから生まれる?

 

可能が観えた瞬間

 

これを使えば、こう考えれば、現状を打開できるかもしれない。
やれるかもしれない!

そんな思いが湧く瞬間 = 可能が観えた瞬間

 

そんな瞬間を生み出す研修をやっています。

 

例えば・・・

◆リーダー向け

リーダーの5つの在り方

  1.フェアであること

    平等は難しいが、フェアならやり易い。

    フェアとは・・・・

 

リーダーが常に意識しておく3つの事

  1.人は変化に抵抗する

    変わりたいと言いながらそれとは反対の言動を繰り返したりする

    なぜそうなるのかというと・・・・

 

 

◆新任リーダー向け

職場における円滑なコミュニケーション

  なぜ円滑なコミュニケーションを身につける必要があるのか?

  良好な人間関係が創り出すものとは?

  組織の能力が発揮されるコミュニケーションとは?

 

など等。

詳しくは問い合わせください。