夫婦げんかも遺伝子が関わっている?!

夫婦げんかは遺伝子が影響する
って知ってました?
カリフォルニア大学の研究チームが発表したそうな。
ある遺伝子の長さが夫婦げんかの回数に影響するとか。
短いと細かいことを見逃したり、大目にみたりすることが
しにくい。
長いと気長ってことらしい。
なので、短い同士なら、夫婦げんかが多い。
短い人と長い人なら、長い人が受け流すので短い同士
よりは夫婦げんかの回数も少ない。
長い同士なら、穏やかに過ごせるってことらしい。
が、これは単なる遺伝子が持つ傾向。
短い人でもトレーニングによって「ま、いいか~」
が言えるようになる!のです。
なぜなら、トレーナーとして多くの人を観てきた経験が
これを言わせるのは確かです!
が!それよりなにより、私自身、たぶん短い人です(笑)
それは両親を見ると一目瞭然(爆)
いや~~~エネルギッシュな両親でございます、全く(爆爆)
その筋金入りのわたくしが「ま、いいか~」が言えるよう
になってます。
が、全く人が変わったわけでなく、
「ぅんっ!もうぉーー!!」とか
「あーーーー!!もうッ!!」とか
「あほかっーーー!!」
てな感情が湧かないわけではない。
湧きまくりです(爆)
が、それを「ま、いいか~」に転換させるスベを
知っている・使っている。
だから、筋金入りの私でも感情とぶつけてしまわないで
済んでいる。
ま、両親にはちょいちょい遺伝子の威力を
発揮しますが(大爆)
それもご愛嬌~~~とのんびり言える自分に
満足している瀬戸口でございます♪
あ!ちなみに、短い同士は絶望的に思えるかも
知れないですが、そうでもないです。
嬉しいことや幸せなことが有ると、他のカップルよりも
喜びが倍増するらしいです。
喜怒哀楽が激しいってことですね^-^