ありの~♪ままの~姿見せるのよぉ~♪

流行ってますね。
映画【アナと雪の女王】と主題歌
ふと、コミトレ的探究が湧いてきたのでシェアをば。
観た人は必ず♪ありの~ままの~姿見せるのよぉ~♪
って口ずさんでしまうほど。
そんなに良いなら観に行ってみたいと思うほど。
が、映画館に入れない病(笑)なので、いまだに行けてませんが^^;
世界的な社会現象になるほどの魅力ってなんなんだろう?
と探究してみた。
私の答えは
人類みな、引っかかるポイントは一緒
どういうことか?
人類の多くは
自分のありのままの姿では認められない。
受け入れてもらえないと思っている

ってことです。
今の自分、ありのままの自分を見せてはいけない。
何か付加価値を身につけなくてはいけない。
役に立つような何かを提供しないといけない。
自由な自分を見せたら人が去っていく。

と思っているのだと思うわけです。
って、私にもこれは在ります。
特に新たに出会う人や認めてもらいたいと思う局面では
湧いてくる感覚です。
しかし、ここに囚われてしまうと自由さを失い、本来の能力を
発揮出来ないことを知ってしまっているので、流されないで
済んでいる状態です。

自分をがんじがらめにしてしまう感覚を遠ざけて、自由を選ぶ。
能力を発揮する方を選ぶ。

その際の私を支える自分へのコミュニケーション
ありのままを見せて去っていくなら、それだけの縁の人
ここで頑張らなくて良い。
機能的な場、人間関係で頑張ろう。

ってな感じです。
ありの~ままの~姿見せるのよぉ~
ありの~ままの~自分にな~る~のぉ~
わたしは~自由よぉ~
これでいいのぉ~

人類みな、この↑状態なら無敵なんですよねー。