【言い訳】と【事実説明】の違いとは?

リーダーを応援する瀬戸口です。

【言い訳】 と 【事実の説明】

この違いってなんですか?

もしかして一緒になっていませんか?

もしそうなら、アナタは誤解されたままになったり
適切な評価を得られないことが多いでしょう。

そして、それは自分だけでなく、部下や家族、周りの
人たちにも影響します。

 

言い訳をするな!と事実説明をするチャンスを与えない

 

ということが起っちゃ~いませんか?

 

【人は自分自身に課していることを周囲にも求める】

という質があります。

 

なので、アナタが「事実説明」を「言い訳」と同じ扱い
にしているならば、周囲の人たちに対しても同じ態度
で接しているはずです。

ということは、どんなことが起きるでしょうか。

事実誤認が起き易い

確認が遅くなる

善後策が的はずれになる

対処が遅れる

後手後手でどんどんややこしくなる

など等。

 

上記はアナタがリーダーとして、何らかのトラブルに
対処する場合に起こり得る面倒ですが、別の観点を
開いてみると、部下や周りがアナタに対してはこんな
感情 を抱く可能性は高くなります。

どうせ事実説明はさせてもらえない

怒られる

嫌な顔をされる

など等。

 

で、これがどんなにマズいかというと

【信頼関係】

が築けていないということです。
いざ!と言う時の。

いざ!という時に信頼関係が築けているかそうでないか
によって、互いに創る結果に大きな違いが生まれますね。

ちょっとした言葉の扱い方ですが、知っているのと
知らないのとでは大違いです。

 

さて、アナタはどんな扱い方になっていますか?

 

GOGO!リーダー!!

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら