真のコミュニケーション上手とはいかなることか

フェミナ・ケア

リーダーを応援する瀬戸口です。

先週はコミュニケーション上手だと
自他共に認めるほど、弁が立つリーダーが
自分のコミュニケーションの癖に気づいて
前進している話を書きました。

いくら話し上手、議論では負けないとしても、
それがコミュニケーション上手とは限らない
と言うことに私たち気づかないのです。

なぜなら、

コミュニケーションは「話すこと」

を主として捉えています。

小さい頃から、このような価値観を持つ
トレーニングをされていると言っても良い。

なので、多くの人は話すことが上手だと
コミュニケーションが上手だと勘違いする。

ま、この勘違いは本人だけですがね。

周りは分かっているんですよね。
バレています。
弁が立つだけでコミュニケーションが上手な
訳ではないことを。

コミュニケーション上手とは、

相手(周囲)と適切に関われること

その為にはまず必要なことは何か?

自分とのコミュニケーション

自分と適切に関われないのであれば
コミュニケーション上手は実現しないのです。

日々、自分が自分に色んなことをつぶやく。

失敗したらどうする?
笑われたらどうする?
自分の話は聞いてもらえない
そんな能力はない
いつも損する
どうせ受け入れてもらえない

案外行け行けで自信満々に見えてる人ほど、
心の奥底からはネガティヴな言葉が湧いて
いたりします。

ネガティヴだからこそバランスをとって
表に出している自分は行け行けの自信満々
だったりするのです。

しかし、これも本人は気づいていないことが多い。

私たちは本当に自分のことは分からない。

だから周りから引かれていたり、不満や誤解を
解くチャンスを失う。

なぜか引かれる
なぜか風当たりがキツい

と解せない。
それがストレスになって、周りとの関係が
より悪化する。

と言うパターンがあったりします。

さて、アナタはどうでしょうか?
アナタの周りにこのような人はいないでしょうか?

このパターンを持っていると結構なストレスや
うまく行かなさを感じているかもしれません。

このようなことを解決する方法は

さっさと気づいて訂正する

です。

なんじゃかんじゃ言ってる暇があれば、
自分へのコミュニケーションをしてみる。
これか?と思う点をまずは自分なりに訂正
してみる。

それで、周りの反応がどう変わるかを観察する。

それで思い通りの反応が返ってくるならば
そのまま続けてみる。

もし、思い通りの反応でないなら、改めて
訂正ポイントを探して訂正してみる。

これの繰り返しで人は確実の成長します。

自分へのコミュニケーションが適切になれば
周りへのコミュニケーションも適切になります。

GOGO!リーダー!!

 

個人セッションはこちら

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら