それでは図に乗ります!

リーダーを応援するせとぐちです。

どこまで自分が変われば良いのだろうか?

と、アナタはこんな疑問を持ったことないですか?

部下の能力を伸ばすにはリーダーが鍵
なのは確かにそうなんですが、この↑言葉に
ある種の疑問やジレンマを感じたことはないですか?

研修セミナーに参加されたリーダーからこんな悩みが語られました。

すごく手間のかかる部下がいる。
この部下も自分じゃない上司ならもっと能力を出すのだろうか?
自分のやり方がおかしいのか?
これ以上自分の何を変えれば良いのだろうか?と悩んでしまう・・・

アナタもこのような悩みを抱えた経験ないですか?

真面目な人は深く悩んでしまう傾向があります。

さて、この参加者Nさんの悩みに対して、私の答えは
コレ↓です。

それ以上変えなくて良いですよ

育成者 と 育成される側
どちらかが頑張っても意味がないことです。

お互いに取り組まないのであれば、どんなに世界で有名な敏腕コーチでも名トレーナーでも無理です。

相手にその気がない

のであれば、まったく効果は上がりません。
なので、先ほどの答えになります。

どうやらお話しをお伺いしていると、部下の方にその気がないように感じられました。

そのような状態でリーダー側があの手この手で相手の能力を引き出そうとすると、

図に乗ります!

そして、どんどん横着になります。

そんな関わりは逆効果ですね。

なので、しっかり部下に確認を取ると良いのです。

一緒に取り組む気がありますか?と。

その気が在ると答えたなら、すかさず

では、今までの態度はそのように見えないので取り組む態度に変えて下さい。
指示されたことにはすぐに取り組む。
言い訳をする前にどう対処するかを考える。等など。

と、相手にも立場と責任を取ってもらうような関わりへと変化させていきましょう。

きっと、アナタの悩みは軽くなるはずですし、
今までとは違った結果を創れるはずです!!

GOGO!リーダー!!

Win-Win体質になる最短の方法 (7月、8月開催セミナー)

待望の3連続セミナー告知!!「人は変われる」