テクニックはテクニックで破られます!

リーダーを応援する瀬戸口です。

コミュニケーションを
テクニックだと思ってはいないか

これを読んでくださっている方々は
「聴く」についてなど、コミュニケーションの重要性を
かなり掴んでらっしゃると思います。

しかし、改めてご自身に確認して欲しいと思います。

その知識があることによって
前進が阻まれることがある

ここをお忘れではないでしょうか。

知識を持つことは人が前進していくことに
欠かせないものです。
知識があるからこそ、問題意識が出てきたり
検証するという行為にも繋がりもします。

ある方は自己啓発にとても前向きで、そのような
セミナーやトレーニングにも参加されています。

周りにも聞いてきたことで良いと思ったことは
シェアしたり、ワンポイントレクチャーのような
ことをするほど、周りへの貢献心も旺盛です。

が、残念なことが一つ。

この方は学んだこと、特にコミュニケーションに関して
テクニック
という識を脱していません。

人は人の作為的な部分を見破ります。
違和感としてとらえます。

単なるテクニックとして学んだコミュニケーション
センスを使ってしまうと、遅かれ早かれ必ず
信頼を失います。

人はそんなに甘くも簡単なものでもありません。
例え子どもであっても、目の前の人が

*心から言っているのか、そうでないのか
*この人自身を守る為であって、自分(たち)の為ではない

などは見抜き(感じ取り)ます。

コミュニケーションを
テクニックレベルで扱ってないか?

どうぞ確認なさってください。

GOGO!リーダー!!

 

個人セッションはこちら

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら