ピグって?(辟穀)

 ピグ(辟穀)ってなに?

伝統では長寿健康法

現代では健康と美のダイエット法

diet辟穀(ピグ)とは古来より中国に伝わる長寿健康法であり、民間療法の一つとして知られています。

辟穀(ピグ)と書くことでも想像出来るかもしれませんが、穀(食べ物)を断つ(避ける)という意味です。

実はこれが
若返り遺伝子「サーチュイン遺伝子」のスイッチを押す
代謝UPや美肌効果の成長ホルモンの分泌促進

今、馴染みやすいのはファスティング(断食)
多くの断食道場などがアンチエイジングをうたっているのはこの理論だからです。

芸能人や多くの人がファスティングを取り入れている理由はここにもあるのです。

★美味しいものを食べると幸せですが、同時にこんな経験もないですか?★
食べ過ぎや飲み過ぎでゲッソリ疲れた感じがする

これは内臓が疲れたから

現代人にファスティングがもてはやされているのは飽食の時代だからこそ
そして、健康はもちろん美やダイエットに意識が高くなったから。

空腹状態は健康と美の素 

本来の辟穀(ピグ)の最大の長寿健康ポイントは食べ物を断つことで、胃と腸を休ませること

20110919_2125215

五臓六腑は繋がっているため、胃と腸を休ませると五臓六腑(内臓全体)を休ませることになるという理論。

五臓六腑とは?

伝統中国医学において人間の内臓全体を言い表すときに用いられたことば。

「五臓」とは、肝・心・脾・肺・腎を指す。心包を加え六臓とすることもある。

「六腑」とは、胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦を指す

中医学では、気と血の流れを強くすること、陽の気を強くすることが健康長寿の素とされていて、これを西洋医学で言い換えれば免疫力や自己治癒力が高いとなる。

nagare私たちが昼間、元気に活動するためには夜の休息が必要なのと同じことで、五臓六腑も休ませることで元気を取り戻し、気と血の流れや陽の気を強くすることになります。

年齢に関係なく、内臓が元気な人はイキイキと若々しく活動的で病気知らずということです。

 

消化吸収・栄養運搬の功能を高めることが気と血の流れを強くする

やはり胃や腸の働きがポイントなのです。

【現代人は食べすぎている】飽食の時代。普通にしていても知らぬ間に食べ過ぎてしまう環境の中にいる私たち。

定期的に辟穀(ピグ):食を断つを行うこと、その意識を持つことは健康増進と美とダイエットに繋がるのです。

 

burger良いのは解ったけど、空腹を我慢するのは無理!

食べるの大好き!呑むのも大好き!という人(私も含め)は特にこの気持ちは強いはず。

辛い空腹感を感じることなく、辟穀(ピグ)を行う方法があるとした?!

私はこの方法を知ってから心置きなく美味しいものを食べ、呑めるようになりました。

食事会や飲み会が続いても、旅行先で美味しいもの三昧でも、罪悪感なく楽しく食べる愉しみを味わえる幸せを満喫しています。

今は思いっきり楽しく食べて呑む!そして、ピグる!!です。

 

diet7ダイエットは一生のこと

一度ダイエットに成功しても、また戻ってしまった・・・

リバウンド   多くの方が経験しているでしょう。

しかし、この方法を知ってからリバウンドのプレッシャーからも解放されました。

増えてもすぐ戻す

ダイエットは一生のことと捉え、出来るだけ負担なく行える方法を知る

これがいつまでも美しく自分に満足する生き方に繋がります。

 

一人でするダイエットは難しい・・・と思う貴方へ
一緒に健康美ボディを目指しませんか?
ピグの方法を教える教室もしています。
LINE【ピグ部!目指せ!美ボディ】で全国のピグ仲間と一緒に取り組めばやれるかも?!

お問い合わせはこちらまで