難問の「相手の立場で考える」を簡単にする方法!

リーダーを応援する瀬戸口です。




leader6昨日のブログで相手には観えてないだけ。


という観点をお話ししました。


で、「相手の立場で考える」ってことについて、
私の考えをお話しします。


小さい頃から教えられてきた人も多いはず。
相手の立場に立って考えなさいと。




真面目にこの教えを守ろうとする人は必ず苦しみます。


だって、これ難しいもん。




なんでコイツの立場に立って考えないといけない?!


と思うような相手が世の中にはいますから。




ま、そう思う相手との間でトラブルが起こるんですがね(笑)




だからこそ、相手の立場に立って考える
有効な手段なのは解る。


けど、難しい。
やりにくいんですよ。


相手の立場に立ってなかった・・・と
凹んだり責めたりした経験のあるアナタ。


凹んだり責めたりする必要ないです。


難しいですから、これ。




だけど、相手に何が観えているかを知るのは、
戦略的にも、円滑なコミュニケーションを生み出す
のにも必要不可欠!



なので、私はセミナーなどでこう言ってます。


相手の立場に立たなくていいです。
相手の立ち位置に回り込んで何が観えてるのかを
観に行ってください。




相手の立場に立つのとどう違う?かっていうと


「相手の立場に立つ」=思いやり・優しさを持って


っていう感覚がくっ付いてませんか?



そんなもん持ちたくないわっ!と思う相手にはこれは難しい。
だからやりにくいって言ってるんです。


回り込むだけです。観に行くだけ。
ってのは、思いやりも優しさもいらない。


何が観えてるか?を確認しにいくだけ。
情報を取りにいくだけ。


この微妙な感覚の違いで私たちは


相手が観えているものを情報として
取れるか取れないか。


円滑なコミュニケーションを生むか
殺伐としたコミュニケーションになってしまうか。


の違いを創るんです




何が観えてるかを観に行くだけ
ただそれだけで良いのです。


GO!GO!リーダー!!

コメントはまだありません。

  • SECRET: 0
    PASS:
    さすがに社会人になってからは使わなくなりましたが、子供の頃に使っていた、
    「相手の立場になって考える」
    には、
    「思いやり・やさしさを持つ」
    ということが含意されているという指摘は、スッキリしました。
    これを無意識に相手に押し付けていたんですね。なので、言われた子供も本能的にこの言葉に対する嫌気を感じていたんだと思います。
    大人の世界でも、やさしさ・思いやりを求められる「相手の立場に立つ」って使われるんでしょうかね。ただ単に、私が使っていないだけなんでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です