リーダーのストレスを軽減する部下からの報連相の方法

リーダーを応援する瀬戸口です。
 
上司に報連相する場合、アナタはどうしていたか?
 
2週に渡り報連相について書きましたが部下の報連相に変化は生まれているでしょうか?
そして、今日も報連相(笑)
クライアントであるリーダーの多くが部下に対して不満を漏らすフレーズとして
 
全然自分事でない
まったく考えない
答えばかりもらいに来る
 
これ、アナタにもないですか?
 
このような声は今に始まったことではなく、どの時代にもあったのではないかと思います。
が、ちょっと違っているのではないか?と思う点は、なぜ考えないのか?という理由。
 
以前は、
自分の考えよりリーダーの考えの方が正しい

自分の考えを否定されたくない

どうせ聴いてもらえない
というネガティブな考えによるものが結構多かったように思うのですが、今はこれに
 
報連相のやり方を知らない
 
というのが加わっているのではないかと思うのです。
 
上司に報連相する場合、アナタはどうしていたか?
きっと、自分の考えをある程度固めてから上司に連絡事項や報告を述べたのち、
 
この件の対応としては○○でよろしいでしょうか?
 
アナタの考えを付け加え確認するようにしていたのではないでしょうか?
このような形で報連相を行うと、とてもスムーズです。
 
上司にはちゃんと考えていることが伝わりますし、アナタの考えで良ければ「それで良い」とすぐに進む。
 
もし、上司の考えと違うならどこがどう違うかが解りアナタの観点を増やし広げることになったはず。
 
上司と自分の考えの違う点を明らかにし、相談することで上司の考えよりアナタの考えの方が適切と採用されたこともあるかもしれません。
こうなると自信につながりますよね
なので、
自分の考えを付け加えて確認するように報連相する
 
というのが上司部下ともにwin&winを創り出す適切な報連相のやり方です。
 
どうやら最近、この適切なやり方をしらないのではないかと思わせる人がいるのです。
 
報連相を受ける側のアナタのストレスを軽減させる為にも適切な報連相の方法を教える
 
コレが今後のアナタの課題となるのかも知れません。
 
GOGO!リーダー!!
 
「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら