リーダーとして大事にすべきこと

リーダーとして大事にすべきことは?
と問われたらアナタはなんと答えますか?
 
それぞれ経験したことから「これ!」というものを持って
いることでしょう。
逆にいうと、「これ!」がないのであればちょっと困った
ことになるかもしれませんので、まだ「これ!」がない方は
しっかり考えてみましょう。
そうすると、リーダーとしての軸がしっかりしてきます。
さて、せとぐちが大事にしていることは、研修などでも
お話している「リーダーとしての在り方集」があります。
今日はそれとは違ったことをシェアしようと思います。
リーダーとして大事にすべきこと
*仕事を振る
*コアメンバーの結束を創る
*誰も悪者にしない
今日はこの三つについて
まず、
「仕事を振る」これは多くのリーダーが苦手とするところです。
注意していないと、ついつい自分でやってしまいます。
ここは注意しておくことです。
「注意しても振れない」のであれば、
そこに癖(コミュニケーション上の)があります。
癖づけし直す取り組みをしましょう。
 
続いて「コアメンバーの結束を創る」
ここで大事なのは【情報共有】です。
一番身近で支えてくれる人たちです。
しっかり尊重することです。それには情報共有が効果的です。
情報共有の順番を間違えると結束は創れませんからね。
 
最後の「誰も悪者にしない」
集団の結束を創り出すのに一番簡単なのは「誰かを悪者にする」です。
が、それは一時的な結束を創るだけで、脆弱極まりなし!です。
リーダーが誰かを悪者にする、もしくは悪者にしているのを見過ごしている状況を他のメンバーは観ています。
『この人(リーダー)はこんな風に人や事柄を扱う人なのか。明日は我が身・・・』
と観ています。
そんな関係では、ここぞ!という時に簡単に崩れます。
組織を手っ取り早くまとめることは出来ても、全く機能的ではありません。
 
誰も悪者しない
かなり重要です。
そしてこれはコアメンバーにも周知が必要ですよ!
 
GOGO!リーダー!!
 
個人セッションはこちら
「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら