ボイスチェンジ効果をご存知ですか?

リーダーを応援するせとぐちです。

普段から言っているんですけどね、、、

親や上司の方々が、残念そうにつぶやかれます。
子どもや部下が、トレーナーである私と話をして、
「せとぐち先生から、〜〜って言われて腑に落ちた」
とか
「なるほど〜と目からウロコでした!」
などと言う。
それを聞いた、親や上司の方々は、
「いつも言うてますやん、、、、」
とがっかりすると言うやつです。

アナタにもないですか?

私もあります。
あるんですよ、私にも。
後輩のコーチに色々話をしていて、
「なるほど、そうなんですね」などと返事をしていたにも関わらず、改善されてない、、、、
ある日、後輩が
「○○先生、こう言われて、ほぉー!なるほどと腑に落ちたんです!!」
と初めて聞いた!と言わんばかりに、嬉しそうに報告してくる。
どついたろか?! でした笑
その時に、コミトレ的に自分を探究してみました。

なぜ、こんなに悔しいと言う感情になるのだろう?

出てきた答えは、
自分が気付かせたかった
自分の手柄を取られた
と言った思いが在るでした。
その自分を眺めたら、
そんなに「自分が」やってんなー
とアホやなと思いつつも、愛おしくなってきて、
そうしたら
「自分じゃなくても、気づいてくれたんやから良いか!」
と「自分が」の執着を手放せて気持ちが自由になった
のを覚えています。
そして、先日、高校生のお子さんが、せとぐちとの会話で
新たな気づきを得たと喜んでいたと、その高校生の母親から
メールを頂きました。
その中に、
「これまでも同様の事を伝えては来たんですけどね…
親ではなく、第三者の方に言われた方があの子には入りがいいようで」
と、残念そうでした。
そこで、私からの返信が下記です。
*****
私が言った事が入りやすかったのは、親や周りの大人たちが
その前にたくさん言っているから、腑に落ちやすくなるんです。
これをボイスチェンジ効果と言います。
ちゃんと、言われている事が蓄積されるので、諦めずに
色々言い続けてくださいね。
人材育成はいつ収穫出来るか分からないところをやり続ける
そんな取り組みですよねーー
*****

リーダーのみなさま

残念だったり、いつ成果が見られるか分からない
そんな中での育成と言う取り組みは、心が折れたり、
何もかも嫌になる事もありますよね。
しかし、アナタがやっている事は、無駄にはなっていません。
どこかで必ず、作用しています。
しっかりした下地がなければ、簡単には定着しないですから。
GOGO!リーダー!!
 

●【叱る】をトレーニングする
叱るに慣れる実践トレーニングです

日時  5月18日(土)11:00〜13:30
場所  長堀安田ビル 会議室
参加費 5,000円(当日お支払い)
お問い合わせ:info@csgmission.com
お申し込み:seminar@csgmission.com