独り相撲

瀬戸口です。
今日のツカマコのブログで
『人がしんどくなるのは「気持ちがしんどくなる時」』と
言っていますが、まさしくその通り!なんです。
本日の個人セッションでのお話しを少し。
この方がセッションを始めて、かれこれ3年くらいですかね~
色々前進・成長されていますが、大きな課題としては
「他人の評価が気になる」
特に、上司(尊敬している)からの評価。
尊敬しているだけに、評価されなかった時のダメージは
非常に大きい。
ましてや、酷評をされた日にゃ~~・・・^^;
本日の話しとしては、自分の部下たちがかなり意識が成長
してきて、活気が出てきたり結果も変化してきているってな
とても嬉しい内容。
なのにぃ~~~、元気なし・・・
なぜに故に?と話しを聴くと、(案の定)上司との会話の内容らしい・・・
現実に起きている結果としては、成果が上がってきている。
にも関わらず、そのことがまだ解りきっていない(結果が周りに
伝わるのは少しタイムラグがある)上司から、評価がもらえなかった
だけで(リピート:だけで)、元気を失っている状態。
別に病気でも過労でもないのに、ぐったりしている。
それはまさしく「気持ちがしんどい」から。
そしてもう一つ!
「気持ちをしんどくする」のは、私たちの中にある「自己否定感」や
「不安や恐れ」だったりします。
自分の中のシャドー(隠したい部分、嫌なところなど)に、他人の
言葉が反応してしまうというメカニズムが働くのですね。
他人に否定や拒絶されているわけでなく、自分が自分を否定して
拒絶しているだけということです。
独り相撲状態ってことですね・・・^^;
いや~~、人って不思議っていうか面白いですよね。
このように人の心理的側面を知ることは、とても自分を助けて
くれるのです。
で、このクライアントは、この↑情報をお伝えしただけで、
「そう言われてみれば・・・ なぁ~~~んだ!あほらしい!」
「仕事します!!」と元気に帰って行かれました^-^