ショッパイ経験

こんばんは、お久しぶりのツカマコです。

10月に入り何かとドタバタしておりましてブログに参加出来ていませんでした。

さて、そんな私が最近の自分を振り返りつつ読んだ今日の本がマツコ・デラックスさん著「世迷いごと」。

書店で平積みされているので目にされた方も多いかもしれません。

昨今のTV界を席巻しているマツコ・デラックスさんが、月刊誌に連載している女性有名人に対するコメントと語り起こしで1冊の本になったもののようです。内容はコミトレ的にも色々とっても興味深いので、またもしご興味ある方はご覧になって見て下さい。

そんな興味深い本で今の私に特に響いたのがこのフレーズ。

「ショッパイ経験もしたオンナ」

彼女(?)の中では、辛い・厳しい体験(ショッパイ経験)をしたからこそ得られる事がある、という哲学があり、かなりの頻度でこの「ショッパイ経験」というフレーズが出てきます。

ほんとそうなんだよなあ。。。

自分自身にそんな事が起こってしまうと、ショッパイ最中は、あまりの塩の辛さに目も開けられない・耳も聞こえない・口もきけない状態で、その現実から逃げ出したくなるものですが、それらに向き合い乗り越えて初めて到達できる場所があるんですよねえ・・・

現実逃避したい最中にも、「この出来事が”次の自分”の糧となる」、「ショッパイ経験もしたオンナ・オトコになれる」という意識を頭のほんの隅っこにでも置いておくことが出来れば、その存在がこれまでと違う一手につなげていかれると思います。

/tkd