本屋にて

こんばんは、ツカマコです。

今日も今日とて本屋へ立ち寄り。ほぼ毎日本屋に行くのですが、そこで毎日のように気付く自分の癖。

私は必ず自分の目の前の本ではなく、隣に立ってる人の前にある本を見ている叫び叫び

毎日行くわけですから何か目当ての本が在るのではなく、何か良い本無いかな~と探している訳です。その時常に、自分の目の前にある本ではなく、な~ぜ~か、隣に立つ人の目の前、つまり私の斜め前の本棚を見ている私がいるのです!!

ひゃ~~ 分かりやすすぎる、この癖!!!

人は、今この瞬間の自分、今の目の前のこと、に、なかなか向き合うことが出来ません。

自分のこと、自分の目の前のことではなく、隣の人や隣の人が持っているものを見て比較して羨んだり落ち込んだり嘆いたりして暮らしています。物理的にも精神的にもネ。

ただ、自分を観る。 

ただ、自分の目の前の事に取り組む。

で、そうなんですよ。そして!!

解っているのと、行動できるのはまた別問題!!

こうしてブログを書くほどに、自分の事、目の前のことに取り組むのが何より大事と解ってはいるものの、本屋で私は目の前に広がる広い本棚ではなく、わざわざ見えにくい隣の人の前の本棚を横目で見ているのですにひひ

我ながらウケます、この癖。

もちろん本屋で出るのはこの癖の一端であるので、気付かぬところでどれだけ「隣の棚」を見ているか、ということもうかがい知れます。

さて。

こうして自分の癖を毎日の生活の中で気付くことで、取り組むポイントが解ります。

しかも、毎日の生活の中であれば、即行動に変化を加えることが出来ます。

もちろん、すぐに行動がガラリとマ逆に変わるとかいう訳ではありません。

しかし毎日の生活の中であれば、1mmいえ1ミクロンの積み重ねを一人でコツコツ積み重ねることが出来るのです。

誰でも出来ます。

ただやってみるだけ音譜

さ~て、明日も本屋で自分の生態観察をしてみようっとキスマーク

/tkd