子どもや高校生が求めているもの

瀬戸口です。

高校生へのコミトレ授業を今年度から本格的に

行っています。

彼らにこんな質問をしてみました。


「情けは人の為ならず」とはどんな意味ですか?

あなたはどんな意味と理解していますか?

彼らの答えはこう。

*変に助けたら相手のためにならない


*情けをかけて甘やかしてはいけない

笑ったのが、でっかい字でこう書いた子が居た。

*お情け無用!

ほぼ、情けはかけてはいけないという意味との答え。

字面からすると、そう読める。が、日本語はそんなに

薄っぺらくないときている(笑)

ちゃんと学んでいないと字面通りの答えを出してしまう。

学んでいないのか、ちゃんと教えられていないのか?

私は後者だと思う。

もちろん、学ぶ姿勢にも問題があるのかもしれないが。

なぜ後者だと思うのか?と言うと、

この言葉に続く言葉を教えた時の反応が

「へぇ~~」という新鮮な驚きを含んでいたから。

知っている人も多いかと思うが、この言葉の後には

巡り巡って己が為という言葉が続く。

これで解るように、本来の意味は

他人にかけた情けは結局自分に戻ってくるとなる。

私はこうも教えられた。

してやった、やってやったと思うのではなく、自分にしているのだと

思うのだよと。

さらに、コミュニケーショントレーナーの観点から彼らに伝えたことは、

巡り巡ってと言うとおり、私たちは繋がって生きている。

目の前の人に行った行為から直接恩恵を受けるだけでなく、

繋がった(見ず知らずの)誰かからの恩恵を受けながら生きている

ということである。

何人にどこまで伝わったかは解らないが、真剣な眼差しで聴いて

くれた生徒がいたこと。

そして、その時は理解出来ないかもしれないけど、聴いたことは

聴いている。いつか「はっ!」と気づく瞬間がくる。

この言葉を勇気付けにしつつ、伝えることを続けようと思う。

なぜなら、彼らはこんな話しを求めていると思うから。

退屈そうな態度の中にも、意識を集中させて聴いているのが

解るから。

不器用な彼らはこんな話しを求めていると思うから。