知らず知らずに・・・・・されている私たち。

瀬戸口です。

昨日の山本昌代のブログで

本当に好きでないものも好きとしていたのに気づいた

という部分がありましたね。

それに関連して。

私たちの感覚はかなりいい加減と言っても良いです。

好きだとか大事だとか大切だと思っているものって

本当にそう~か~~?

と改めて確認すると、えっ!?みたいことがよくあります。

昨日のブログ内での探究にも「刷り込み」という単語が出ていました。

私たちは知らず知らずのうちに

好きだと思い込まされたり

欲しがらされたり

しているのです。

誰から?

環境や周りの人たちの価値観からです。

そして、もっと厳密に言うと

自分です。

環境や周りの価値観をそのまま選択して

それが良いのだ

それを持っているとすごいのだ

それを好きというと格好良い

と決めてそのように生きている自分が

創り出した状態と言えます。

だからと言ってあんたが悪い!とか言ってませんよ。

誰にどうされた訳でもない、

自分で選択したんだから

自分で選択し直しても良いわけです。

私やっぱりこれ要らん。

好きじゃないから手放そう。


と整理すれば、身も心も軽くなるのは当たり前。


そして、これがなくても大丈夫。

などと、自分以外ものに頼ることがなくなれば、

貴方の能力はもっと発揮され輝きが増すというものです。

好きにさせられてないか。

欲しがらされてないか。

自分をチェックしてみるのも人生を変化させる一つの

手段です。