トレーナーという仕事

瀬戸口です。

あなたは自分の能力(実力)をしっかり発揮している実感がありますか?

そんなこと考えたこともない

発揮してると思うけど・・・?

答えはこんな感じでしょうか?

一般的には上記のような答えが多いかと思います。

あまり明確に「能力を発揮する」との認識はないように感じます。

この認識が不明確な場合は

本人自身が能力(実力)を解ってないので、出せる能力も出せてない

知らず知らずのうちに、自分の能力の限界を決めている

というようなことが起こっているかもしれません。

もし、あなたの中にこんな感覚や体験があるなら・・・
よく誤解されて解ってもらえない
この世は生きづらい
一生懸命やっても上手くいかない
間違いなくハマッている状態です。

何に?

パラダイムや観念などのコミュニケーション上のクセに。

クセにハマッているだけで能力(実力)は正常には出せなくなります。

私たちトレーナーは、クライアントがハマッているクセを発見して、

本来の能力(実力)が出せるようにトレーニングし直すのをサポート

するのが仕事です。

トレーニングし直す

っていうと、ビシっバシっと厳しくたたき直されるってな怖いイメージを

持ってしまうかもしれませんが、そうではありません。

(ま、たまにはそんなこともありますが(爆))

トレーナーの本質は、サポーター(応援者)です。

クライアントに寄り添い、元気づけ力づけることで、本来手にすべき結果を

手にしていけるように応援する。のです。

5月のツカマコのブログの「阪急電車」の中で、こんな言葉が載っていました。

<抜粋>

「そんなこともあるわよ」と後ろから誰かが言ってくれたら

どれだけ救われるか。そしてその救われた気持ちが、自分で自分を

フラットに観る立ち位置に戻して行くんですよね。

私達もそうしたお手伝いが出来れば本当に幸せだと思い、トレーナーを

やっています。

ここに↑コミュニケーショントレーナーの本質が在ります。

先ほどセッションをして帰られたクライアントも、

「なんか整理が出来て元気になりました。

セッションを始めてからすごく忙しくなってます。」

と笑顔で帰っていかれました。

トレーナーに話しをして心の整理整頓が進むと、自分のやるべきこと

やりたいことが明確になります。

心の重たさもなくなっていくので、自然と活動的になる。

活性化が起こるわけです。

この時のクライアントさんの笑顔はたまりません(笑)

たぶん私はあの輝く笑顔やエネルギーが溢れ出すあの瞬間に

出会いたくてこの仕事を続けているのだと思います。

こんな感覚を持ってくれる人をたくさん創りたくてトレーナーセンスを伝える

講座を10月から開催する予定です。

ご案内はまた整いましたら致します。

トレーナーやトレーナーセンスを身に着けることにご興味がある方は

ぜひ、ご一緒致しましょう♪