普通にしゃべってプチトレーニング~♪

瀬戸口です。

今日、取引先の方から

瀬戸口さんにプチトレーニングしてもらったみたいです。

ありがとうございます。

がんばります!

てな、メールの返信を頂きました。

なんてこたぁ~ないんですよ、私としては普通に返した

メールが、そのように感じたらしい

どんな内容かと言うと

●出来事

担当を変わりたての方で、ちょっとした確認ミスがあって

依頼したものが別の場所に届いてた。

●状況

こちらは急ぎでないし、ついでに取りに行けるので問題なし。

●感情

しかし、担当の方はしょんぼり・・・

「確認」というのがキーワードとして、自分にどんどんやってきて

いるのに、またやっちまった・・・的に自分を責めている。

それだと能力を発揮するどころか、どんどんミスが重なる状態に

なるな~~と思ったから、仕事を変わりたての頃の人間の状態を

解説するメールを送ったわけですわ。

そしたら、気持ちが楽になったんですよね、この方。

えらく感激した返信を頂いたのです。

人の気持ちを楽にして、能力を発揮させる状態にする。

というのがトレーナーの本質的仕事なので、極々当たり前に

やるわけですね。

トレーニングすると、普通の会話がすでにトレーニングになって

くるんですね。

こんな風に自然な会話の中で、それぞれが能力を

引き出しあうコミュニケーションが広がれば良いな~~

と思うのですよ♪

ちなみに、気をつけないと押しかけトレーナーになって、嫌がられる

という危険があるのです。

そこはどうするか?というと、

その危険性を常に自分に言い聞かせるコミュニケーションをする

のです♪