男性リーダーにこれで、女性リーダーにはこれ!

 

リーダーを応援する瀬戸口です。

 

男性リーダーには感情を汲むを

女性リーダーには感情を横に置くを

 

当然のことですが、リーダーの性別でトレーニングのポイントが変わったりします。

これは差別ではなく、区別として必要。

もちろん、人間として持っている質を中心にトレーニングは行うのですが、明らかに性別による違いが存在する。

性別によって強く出る質と弱く出る質がある。

 

今日のポイントとしては

感情の取扱い

 

リーダーと言えば、男性が多かったのもあり、

私自身の話す内容も自然と男性中心のものでしたが、ここにきて女性リーダーが部下との関わりで抱える

悩みも増えてきた。

その原因が感情の取扱い

研修やセミナーで私も下記についてよく言います

部下の感情を汲む必要性

これを聴いた女性リーダーは

そうか!部下の感情を汲まなくては!

不満が無いか確認しなくては!

となり勝ち。

が、皮肉なことにこれが面倒を生む

感情を汲み過ぎる

のです。

そして、より面倒なことになっていったりします。

だいたい、女性は感情に敏感です。

相手の表情(筋)の変化を察知しやすい。

表情から感情を読む能力に長けている

その分、感情に対してニュートラルに向き合う必要がある。

巻き込まれやすいから。

その一方、男性は感情に敏感ではない人が多い。

デリカシーがない!と言われたりするが、原因が解らんなどという男性は多いはず。

 

ちょっと感情を汲めれば、未然に防げたトラブルや反発、攻撃などあったりする。

案外、上司からの感情的な突っ込みや、パワハラか?思うようなコミュニケーションは感情を害したことによるものが多い。

アナタが知らずに「お前なー!」と思わせるようなコミュニケーションをしている可能性が高い。

総じて、このようなことは男性に多く起こっている。

 

なので、

男性リーダーには感情を汲むを

女性リーダーには感情を横に置くを

 

それぞれの弱い部分を意識してかかわるようトレーニングするのです。

アナタはどちらをトレーニングすると良いですか?

 

GOGO!リーダー!!

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら