組織が成果を上げる為には

リーダーを応援する瀬戸口です。


 オトナの集団で在ること

 

組織で成果をあげようとしたら、上記↑は当たり前ですね。

 

が、最近そうでない現実があるように思います。

 

当たり前が当たり前として存在しない現実しっかり観る事をリーダーに要求されているように思うのです。

 

最近、個人セッションをしていても、20代、30代でもオトナの概念は解っているが、実際に自分が

オトナで在るか?

と問うと概念を語っていた時の自信は途端に消える

 

そして、次に???をたたえた表情で

 

オトナって何ですか?解らなくなりました

と混乱しながら質問をされる。

 

ことほど左様に、オトナについてしっかりと掴めてない(体感がない)まま、組織の中に身を置いている。

その為、色んな不具合が起きているように思うのです。

 

さて、アナタは「オトナって何ですか?」と質問されたらどう答えるでしょうか?

 

二十歳を迎えた人?

喫煙、飲酒を許された人?

選挙権を得た人?

 

どれも年齢での判断の域を越えないですね。

 

私がこの質問にどう答えるか?

 

分別

を用いて説明します。

 

眠くても起きて仕事に行く

逃げたくても、物事に向き合う

自信がなくても、やることはやる

 

要するに、

 

感情と行動を

分けられる人をオトナと言う

 

先日、この言葉を30代のクライアントに言ったところ

はぁー!なるほど!!すっきりしました。

そうか、分けるんですね。分けて良いんですね。

と。

何かが氷解した模様。

さて、このクライアントの結果はどう変化するのか?

私も楽しみつつ、育てて行きます。

GOGO!リーダー!!

 

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら