都知事辞任からリーダーを考えてみた

リーダーを応援する瀬戸口です。

 

東京都知事辞任からリーダーを考えてみたいと思います。

 

とは言っても、政治資金の使い方の是非をどうのこうのと
いうものではありません。

それは、散々メディアで取り上げられているので
違った角度からのアプローチです。

 

なぜに故に、ここまで【炎上】してしまったのか。

当初の高飛車な態度
うそをついた 
屁理屈をならべる
言ってることとやってることが違う
謝らない

 

色んな意見が飛び交っていますが、私が観るところ
上記のようなところに多くの人の感情が引っかかった
のではないかと思うのです。

 

高飛車な態度はすぐに訂正されていますが、
そこではないところで感情が動いているので
鎮火に至らない。

 

多くの人がどこに感情が動いたのか?
【素直に謝らない】
ところ。

 

研修でリーダーの在り方をよく扱いますが、
その一番目に出てくるのが

★フェアである
リーダーの行動で信頼と組織の士気を下げるのは
アンフェアだ!と思わせる出来事だからです。

そして、今回のことに一番フィットするのは

言うべきことを言う
相手に必要だと思うことを勇気を持ってしっかり
言えることはもちろん、自分の間違えを認める
ことや、知らないを知らないと言えることで、
本当の意味の信頼は得られる。

 

リーダーの行い(物事の扱い方)を周りは観ています。
何をどう扱う人なのか、フェアな扱いをする人なのか
どうかはかなり重要ポイントです。

 

また、間違えたと思ったら、認めて訂正する・謝る。
これは私自身、ものすごく気をつけている部分です。

間違いを認める、謝る

これは多くの人の前ではブレーキがかかる行いだから
です。自尊心が邪魔をする。
とは言え、この自尊心はレベルが低いので、これを
守ろうとすると、一気に信頼を失う。
だから、ものすごく気をつけています。
つい、スルーしたくなる私がいますから^^;

謝ることについては、こんなことをおっしゃる方が
いました。

「感性がなければ(育っていなければ)、『ごめんなさい』
は言えないものだ」

なるほど~
芸術や料理などに興味があっても、感性が育っているか
否かはわからんものなのかぁ~
と思った次第。

さて、アナタは今回のことを、自分の前進や成長に
どう活用なさいますか。

GOGO!リーダー!!

 

 

 

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら