プレッシャーの場面ではどうするか?

リーダーを応援する瀬戸口です。

 

『プレッシャーのかかる場面をどう乗り切るのか?』

 

アナタにもプレッシャーのかかる場面があることでしょう。

 

そんな時はどうしていますか?

 

手のひらに人という字を書いて飲む

大きく深呼吸をする

お祈りをする

笑顔を作ってみる

 

など等。

 

笑顔を作ると言うのは意外に効果があったりするんですが、
ご存じですか?

 

笑顔を作るとほほ骨あたりの筋肉が収縮する。
この収縮を感じた脳は「今、楽しいんだ」と判断する。
そうすると、脳内に幸せホルモン(脳内モルヒネ)が
分泌されて、リラックスモードになるというメカニズム。

 

適度の緊張とリラックスで結果の質が上がるのです。

 

なので、プレッシャーの場面ではほほ骨の筋肉を
動かす様にしています。

 

さて、これとは別に私が何をやっているのか?というと

 

【自分を観察する】

 
です。

 

何を観察しているのか?というと、

 

失敗してはいけない
完璧にやらねば!
出来ると思われている期待に応えたい

 

など等という感情に 【囚われ始める自分】 を観察
しているのです。

 

こういう感情に囚われると、もう大変!
手足が思うように動かない、のどもカラカラ、頭も口も
思うように動かない

 

*緊張の成せるワザ*

 

自分の能力を存分に発揮する為にも、緊張を
引き起こす感情、そしてそれに囚われる自分を
しっかりキャッチして、横に置く!

 

そうすると、自分の能力を出し切れず、なんとも
やり切れない感じで過ごす時間が減ります。

 

エネルギーロス、タイムロスを防ぐセンスです。

 

自分を観察する!

 
GOGO!リーダー!!

 

 

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら