苦しい日々を送るリーダーへ!

リーダーを応援する瀬戸口です。

 

【あんなことはしたらダメだとわかりました】

あるリーダーは苦しい一年を過ごしていました。
人事異動で世界は一変。

築き上げてきた自信は木っ端みじんに吹き飛び

「自分はリーダーとして不適格なんだ」
「脳無しだ」
「周りから愛想をつかされている」

と、周りとコミュニケーションをとる気にもなれず
自分の部屋に閉じこもるという暗ーいトンネルに
入り込んでしまいました。

 

が、なんとか自分を観察し励ますコミトレセンスを
活用することで【持ちこたえ】てきました。

 

そして、やっと異動となりました。

異動した先は、仕事内容は全く新しいものですが
古巣でした。そこでは

「おかえり」
「待っていたよ」
「また、飲みに行こう」

などと声が掛かる。

一気に凍り付いた心が氷解する。
温かさで満たされていく。

自分らしさが戻り、仕事にも意欲的に取り組む。

これが本来の自分だ!

という実感が甦る。

 

一年前の部署では、全く能力を発揮できませんでした
が、ここでは違う!と実感出来る。

 

何が原因か?

【否定のコミュニケーション】

これでどんどん自信を失ってしまった。

とは言っても、百戦錬磨のツワモノです。
そんな簡単に?

 

人は社会性の生き物です。

否定され、仲間に入れない

この状態ではどんなツワモノでも心が折れる。

このような苦しい経験をしたクライアントに
質問しました。

 

アナタがこの経験で学んだことはなんですか?

 

「部下の自信を失わせるような否定の関わりは
してはいけないということです。」

 

自分の体験を通して、このリーダーは

リーダーとしての在り方をまた一つ明確に
掴みました。

 

もし、アナタが今、苦しい状態にあるなら、
こんな風に自分に問いかけてみてください。

 

この経験から何を学べるだろうか?

と。

 

きっと未来に繋がる気づきが生まれるはずです。

 

GOGO!リーダー!!

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら