沢庵和尚と良寛和尚に学ぶ 合掌

リーダーを応援する瀬戸口です。

 

心こそ 心迷わす心なれ 心に心 心許すな

                     沢庵禅師

 

 

心こそ 心まどわす 心なれ 心の駒の手綱ゆるすな

                     良寛

 

さて、これを見てアナタは何が湧くでしょうか

最初は単純に

「自分の心が一番扱いにくい」ということをお二人とも
同じような言葉でつづられているのだなぁ~と思って
いたのですが、

「沢庵和尚の句と良寛和尚の句はちょっと趣が違うなぁ」

と思い、少し調べたところ、沢庵和尚の句は柳生宗矩に
宛てた手紙の一文とのこと。

徳川幕府の兵法指南役の柳生宗矩に対して心の在り様を
説いたもの

複数の敵を相手にする場合、一人目を斬り倒したらすぐに
そのことは忘れて、次の二人目を斬り倒し、それもすぐに
忘れて、次に取り掛かれ

 

どうやら、過去に心を残す事なく、目の前の物事に向かえ
ということらしい。

コミトレでいうところの「執着」の扱いのことですなぁ~

 

良寛さんの【心の駒の手綱許すな】にも、

「そうですよねー 本当に」と手を合わせたくなるわたくし。

 

が、やはり武芸物、侍魂好きのわたくしは、沢庵和尚の
句を何度も読み直し、何度もどういう意味?と見入って
しまうのです。

 

まだまだ、今の私にはキャッチ出来ない【奥深い教え】が
あるように思えてならない。

 

はぁー!自己研鑽あるのみ!!でございます。

 

GOGO! リーダー!!

 

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら