松下幸之助さんの言葉何ですが、、、

リーダーを応援する瀬戸口です。 

 

 

全ての責任は自分にある  

          松下 幸之助

 

 

リーダーであるアナタはごもっとも!!
とおっしゃるのではないでしょうか。

 

リーダーというポジションは【責任】を強く意識する

 

だからと言ってそれまでのポジションに責任が
ないかというとそうではない。

 

リーダーというポジションについた時に、感覚の
違いを感じた方も多いのではないかと思います。

 

ポジションが人を育てる

 

という言葉もありますからね。

 

さて、冒頭の松下幸之助氏の言葉ですが、
現代人には残念ながら入って行かないのでは
と思うのです。

 

色んな人を観てきて思うのは、

 

メンタルの強さが違う

 

ということ。

 

幸之助さんが生きた時代の人たちやその少し下の
世代は、今の人たちよりもメンタルは強かった。

 

苦労を経験した度合いの違い

 

によるのだと思います。

 

なので、幸之助さんの言葉をそのまま今の若者に
言っても腹に落ちて行かない。

 

全ての責任は自分にある

 

【責任】という言葉は【責め】を含むので、
どうも責められるととってしまう。
なので、機能的ではなくなってしまう。

 

私はこれに下記のような説明を付け足すことを
お勧めしています。

 

***
全ての責任は自分にある
とは、自分を責める為の言葉ではありません。
これを自分のせいと読み解いてしまうと、幸之助さんが
本当に言いたかったことが観えなくなってしまいます。
全ての責任が自分にある
とは、自分が何かを変える事でどうにでも結果が変えられる
変わる可能性を秘めているのだと説いているのです。
この言葉はあなたを縛るものではなく、あなた次第で結果や
人生は変えられるとの可能の扉を観せてくれる言葉なのです。
どうか、間違って解釈しないようにしてください。
***
いかがでしょう。

もし、アナタが自分を縛る言葉と解釈していたなら、必ず
部下や周りの人もそのように解釈しているはず。

 

それがやる気を失ったり、無責任な態度を引き出して
いたのかもしれません。

 

この辺りを再確認してみると、変化を創れるのではないかと
思います。

アナタにはそれだけの影響力があるのですから。

 

GO!GO!リーダー!!

 

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら