能力を引き出すためのタイミング

 

リーダーを応援する瀬戸口です。

 

まさかセッションでこんなことを扱うとは・・・

リーダーであるクライアント。

メンバーの育成に力を入れていますが、
自分のお子さんの育成に悩まれてのつぶやき。

明朗快活だった自慢のお子さんが人間関係の
もつれから、引きこもりになってしまいました。

人間関係

アナドッテはいけません。
私たちの生活は仕事も含め、全て人間関係で出来ています。
ここが上手くいかないと、仕事はもちろん本来持っている
能力を出すことが出来なくなります。

さて、クライアントの話。

引きこもりになってから約1年。
ヤキモキしながら見守るだけの日々。

何度、不安のあまり緊急メールを送って来られたことか。
その度に「まだです。癒えるまで待ってください。」を
私は繰り返していたのでした。

辛抱

辛さを抱える

まさに辛抱の日々でした。

しかし、この度やっと、やって来ました。

その瞬間(とき)が。

親として伝えるべき事を伝えて良いタイミングが来たのです。

能力を伸ばす時には

【伝えるべきタイミング】

があります。

これをちゃんと測れないまま、一生懸命に伝えたとしても
それは相手の心(腹)には落ちない。

どんなに素晴らしいアドバイスでも、【受け取れない】
時があるのです。

そして、伝える側にもその準備が必要。

【感情的でない状態であること】
伝える側のこの準備がないまま伝えても
反発を生むか、さらに傷つき落ち込むかだけです。

本来の力を発揮させるには、双方のタイミングが大事なのです。

但し!
甘やかしたり、こちらがヒルんだりしているのとは
違いますから、そこは気をつける必要があります。

GO!GO!リーダー!!


 

 

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら