部下思い

リーダーを応援する瀬戸口です。 

 

アナタは自分を部下思いだと思っていますか?

 

クライアントは

「みんなが機嫌よく、気持ち良く仕事ができるように」

を口癖のように言っている、とても部下思いのリーダー。

 

新たな部署でリーダーとして忙しい毎日の中、
「ここ(この部署)なんか変」と気になることがある。

 

例えば

飲み会に向かう時、遅れて行く人はしかないにしても、
支度をしているリーダー(自分を含め)を誰一人待つ
ことなく、とっとと自分たちだけ行く。
かと言って、関係が悪いわけではない。

 

無責任でもなく、仕事をしないわけではないが、何か
気が入っていない仕事ぶり。

 

表立って何か支障があるわけではないが、ちょっとした
気遣いや組織として受け継がれてきた風土が多部署と比べ
薄くなっていると言ったところが気になっていた。

 

が、これと言って支障がないので「気になる」状態だった。

 

この時のセッションで具体的に扱っていたのはNO.2のこと。
ちょっと変わり者であまり人望がない。
それはそうで、自分のことが優先。周りが残業していても
関係ないと言った風情で帰って行く。
そんなNO.2がお酒の勢いか、ものすごく熱く語り始めた。

 

「ここ(自分たちの部署)おかしいと思いませんか?
僕言いますわ、あれダメですよ絶対に!」

それはまさに、クライアントが感じていた部分だった。
『へぇ〜、そんなこと考えてたんか』と嬉しかった
と話してくれたクライアントでした。

その喜びを受け取り、一緒に喜ぶものの
「ん?それで???」となった、せとぐちです。

 

クライアントにこのままの質問をしてみましたが、

「???????」状態。

 

せ:Kさんは部下が機嫌良く、気持ち良く仕事して欲しいん
  ですよね?」

K:そうです。?????

せ:ならばココですよね、Kさんが取り組むところは。

K:?????

 

せ:NO.2が心意気を見せた、そこをサポートする。
  アナタの部署に足りなかった心遣いや受け継がれて
  きた良き風土を取り戻す為の環境や雰囲気を創って
  いくというサポートです。
  いかがですか?

 

K:あ!!
  本当ですね。確かに。本当だ・・・・・・・・・

しばし沈黙の後、明るい笑顔とともに

やってみます。ちょっと明確になりました!

と、新たな観点が開いたイキイキした声が返ってきました。

GO!GO!リーダー!!

 

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら