難しい部下が劇的変化をした理由

リーダーを応援する瀬戸口です。

「そういえば変わってきましたね」

あるクライアントがセッション時に思い出しました。

セッションで話をして頂くと、日々のあれやこれや
の中に埋没していた事を鮮明に思い出すのです。

扱いにくい部下

アナタの組織の中でも「あの人はちょっと難しい」と
思われている人が何人かいるはずです。

そんな部下を抱えたクライアント。

その部下はNO.2にもかかわらず、はぐれ者のように
他のメンバーとの間に距離がある。

理由は、
職場でも飲み会の席でも、不平不満、否定ばかり

世にいう

ネガティブ発言ばかりする人

そんな人が組織の中にいる、しかもNO.2で影響力もある。
そうすると、みんなも重苦しい雰囲気になってしまう。
組織の人間関係はそこはかとなく寒い・・・・

どうやってまとめて行ったら良いのか

これが半年前のクライアントの悩み。

それが半年で劇的変化です。

・誰よりも早く帰る
・「ありがとう」なんて言葉は言わない
・仕事はするがサラっとする
・他のメンバーとのバランスは関係なしで休みを取る
などなど。

これが

・必要なら残業をするようになった
・「ありがとう」をいうようになった
・積極的に後ろ向きな仕事を担当する
・メンバーをまとめるような関わりをするようになった
・メンバーに対して適切な指摘を行う
などなど。

この劇的変化はなぜ起きたのか?

居場所

クライアントは悩みつつも、【難しいNO.2】の居場所
創る関わりを重ねてきた。

その結果がこれ。

人は自分がその場にいる意味を見出せたら能力を発揮する

どんなに優秀で評価されていた過去があっても、その場に
いる意味を見出せなくなると【荒む(すさむ)】

心がザラつき荒む

これが人が能力を発揮出来なくなるポイント

人とはこうも自分の居場所を求めて止まない生き物

ここを知って関わるのとそうでないのとでは
結果は大きく変わるのです。


GOGO!リーダー!!

 

リーダーをパワフルにする!
個人セッションはこちら

「侍すぴりっと。」ご購入に関してはこちら