「解らない」に居ることである

私たちは他人のことは解らない。

解ったり出来ない。

解るなんていうのは幻覚・幻想・思い込み。
とても傲慢な思いとも言える。

「解らない」にいつも居る必要がある。

「解らない」に居ないと、相手を責めてしまう。

”どうして理解してくれない?”
”どうして解ってくれない?”

と。

そもそも、私たちは「私自身」のことも解っていない
ことが多いのに。

相手が自分を解ってくれるなんてことは幻覚・幻想・思い込み。

そして、自分が相手を解っていると思うのも。

解らないから解ろうとして相手に寄り添おうとする。
解らないから解ろうとして相手に真剣に関わる。
解らないから真剣に考える。
解らないから感動がある。
解らないから解った時に幸せを感じる。

「解らない」

ここに居ることである。