ちょっと多すぎるだけですから

リーダーを応援する瀬戸口です。



なんとかしてあげたい。

力になりたい。

問題を早く解決してあげたい。



こう思うのは人情。


人は人の役に立ちたい。


子どもでも「ありがとう。助かったわ」と言われると

嬉しそーな顔をする。


大人なら尚のこと。



人間は貢献したい生き物。



その気持ちが多すぎたり大きくなり過ぎると、

悩んでいる人や同じことにつまづいている人を見ると

苛立つ。


なんで?!前に言うたやん!! 

またそんなこと言ってるの?!

もう、知らん!!



助けてあげたい。

楽にしてあげたい。

笑顔にしてあげたい。



と思ったその相手を攻撃することになる。


そして、貢献心が強い人ほど、親分肌の人ほど

相手を攻撃した自分を責める。



ちょっと引いて観てみよう。



なんとかしてあげたい。


その気持ちは在る。はず。



ただ、それが大き過ぎただけです。


ただ、強すぎただけ。



自分の気持ちに意識を向けてください。


なんとかしてあげるという行動ではなく、

なんとかしてあげたいという気持ちがむくむく

湧いてきているのを観察ことに意識を向ける。



そしたら、反応で相手を攻撃する回数が減りますよ。