必読! 言い訳を聞く回数を減らす方法!!

リーダーを応援する瀬戸口です。


質問力って知ってますか?


コーチングを研修などで受講された方は

ご存知かもしれません。


部下や子どもとのコミュニケーションで

能力を引き出したり、相手の位置(何をどう考えている)

を把握する上でも、この質問力が要求されます。


昔、私がコーチングを学んだ時は、この質問力を上げる

ように関わることを厳しく言われました。


質問を自分で考え出す、編み出すようにトレーニングする

ことを行うということです。


その昔はこのようにやっても大丈夫だったのですが、

今これをやろうとしてもピンと来ない方が多い。


質問力を上げるにしても、人との関わりの量が以前とは

違っているので、上げるための素となるデーターが以前

より少なくなっているのが原因ではないかと分析しています。


で、質問力を上げる為の例(データーとなるもの)を

お伝えしようと思います。



まず、これは絶対に覚えて欲しい。



何かが起きて相手に状況を訊ねる場合


何故、こんなことをしたのか?


これは禁句です!



これは、相手から言い訳を引き出す質問です。



多くの人が

知らずにこの質問をして言い訳を引き出しては、


言い訳は聞きたくない!!と怒っています(笑)



言い訳を聞きたいわけではなく、状況を事実を聞きたい

場合には、これではなくこのような質問を心がけましょう。


何がそうさせたのか?

何が起きてそうなったのか?



ポイントは 何故 と 


何故という言葉は攻撃、責めを受けているように

感じてしまう単語です。

アナタもそんな経験有ると思います。


何故、出来なかったんだ?


などと言われると、

ものすごく責められているように思うでしょ?


しかし、発している本人は、単純に状況を聞きたいだけ

ということが多い。


何故は突きつけられた相手が攻撃や責められ感を

抱きやすい単語であることを覚えておきましょう。


そして、ここに

~~だったのか?という過去形がくっつくと

過去を蒸し返して責められている感覚になる

ということ。



どうすることも出来ない過去を持ち出され、責められたと

なると、恨めしさ倍増です(爆)



そりゃ素直に答えようとしないし、人によっては

シドロモドロになって、報告を聞くのに時間ばかり食う

ことにもなりかねません。


一方、

という単語は、出来事を扱う・事実を扱いやすくする

単語になります。



君の(中の)何がそうさせた?

と聞くと相手は責められたとは感じにくい上、

わが身を振り返ることを始めます。


えーと、私の何が?ですか?

自分の中の何がか・・・・うーーーん。


という具合にすぐに防御の姿勢に行きにくい。


この分、面倒は減ります。


いちいち、防御の姿勢をとられた日にゃ~、

いくら時間があっても足らん!というものです。


明日から、

いや、今日から意識して変えてみましょう。


何故? なんで? ではなく


何が起きたの? 


(あなたの中の)何がそう言わせてるの?


必ずコミュニケーションの質が変わります!



GOGO!リーダー!!