今日は対処法を2つ伝授です!

リーダーを応援する瀬戸口です。


昨日のブログに対して、こんな感じのコメントを

頂きました。


部下だった当時に自分がやっていた上司の批判を、

今の部下にそのままされているらしいのです。

そして、それをまさに因果応報だとおっしゃっています。


その当時のことを振り返り、

上司の苦労が身に沁みるとのこと。


でも、どうしても『部下達の将来のために命削って

頑張ってる"のに"、どうして?』と思ってしまい、

効果的なコミュニケーションが取れなくないらしいのです。



私はこの方とても素晴らしいと思います。


素晴らしい気づきと成長ですよね。


これも部下を持ったからこそ解ること。



今、アナタの部下たちはこの状態ですよ。

きっと。


アナタのようには観えていないのです。

それは当然です。


立ち位置が違いますから。

重ねた経験が違いますから。

色んなことを平気で言えるのです(笑)


”大人”になると解ってしまうので言えないことが出てきます。


さて、

この方と同じような感覚の中にいらっしゃるアナタへ



まずは、<部下とはそういうものだ>ということを

認定しましょう。


今の時点で、アナタが感じていることを解れというのが

無理な話しなのかもなーという観点で観ることです。


だからと言って部下を見下したり、あきらめろとは

言ってません。



今、現時点ではその状態を認定することです。

<未来は変化するかもしれないということ>


そこからです。


そして、部下だった当時の自分を責めるのは無意味です。

だって、観えてなかっただけのことですから。



その上で、部下に対しての「のに」とか「どうして」

という思いについての対処法。


これは解って欲しいという思いの表れです。


これが執着化しています。


この執着が適切なコミュニケーションを阻害します。



解って欲しいのは解ります。

人間みんな解って欲しいのです。


だけど、みんな別の人間です。



他人のすべてを解ることは不可能です。



「解ってもらわねば」という執着を手放して

どうしたら解るか、観えてないところを見せられるか。


部下だった当時の自分を思い出し、どう話して

もらえたら解ったのか、どんな対応をして

もらえたら理解出来たかを考えてみると何か

突破口が見つかかもしれません。


アナタの思いが伝わるかもしれません



GOGO!リーダー!!



あーーーー、活字ではこれが限界だーーーー・・・・

伝わるかな・・・・

伝わって欲しいけど・・・


頑張れ~~~、私(爆)






ネットでコミトレ学習しませんか?

4 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    「今を認めて、未来は変わると信じる」
    「他人や組織に執着しない」
    まさに今、私が考え方を変えるべきポイントでした。言葉では、頭では分かっているけど、行動が伴っていない私は、過去の成功体験に執着しているようです。過去は捨て、未来を信じて歩みたいと思いました。
    ところで。
    自分のコメントが取り上げられると、メチャクチャ嬉しいですね。読みながら、心臓がバクバクしました。過去に上司が私のことをみんなの前で自分のことを褒めてくれたときも同じ気持ちがして、その上司についていこうと思ったことがありました。また一つ、新しい気付きを頂いて感謝です!

  • SECRET: 0
    PASS:
    >竹中よしおさん
    過去の成功体験に執着していた
    この気づきは素晴らしいです。
    過去を捨てなくても良いですよ。
    せっかくの体験ですから。
    ただ、過去は過去にする。
    過去から学ぶことは学ぶ、過去で未来を彩らないです。
    未来をしっかり創って行きましょう。
    その応援はいつもします!
    竹中さんのコメントがあったからこのブログが生まれました。
    触発を頂いたことに感謝なんですよ^-^

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください