生きる意味さえ見失うくらいの感覚…

最近、何もしたくないと強く思う

生きる意味さえ見失うくらいの感覚…。

用事のない日は朝も起きられず、だらだらしてしまう。

少し前まではそれを冬眠が来たと自分自身を理由付けしていた。

 

これはネットでコミトレ自主学習サイトメンバーの探究の記録です。

その一部をシェアします。自分に引き当てて読んで頂ければと思います。

どうにもならない自分を持て余す事がある

理由を考えてみてもわからない
なぜ、こんな状態になるのかと途方に暮れる

そんな時は、自分なりになんとか納得できるように
理由付けして、やり過ごす

 

この方はいつもならばそうしていた

が、今回は少し違いを創ってみた
この居心地の悪さを解消してみようと試みた

ネットでコミトレの自主学習サイト内にあるコンテンツの一つ

居心地の悪さを解消する為のメソッド

に改めて取り組んでみた

そこから、更なる深い探究と気づきが生まれていく
様子がよくわかる

いつもと少し変えてみる 違ったことをやってみる

そうしたら、いつもは気づけない範囲に意識がむく
そして、何かが洗い流されたような清々しさが訪れる

一人でも多くの人に、こう言う瞬間が訪れる事を知って欲しい

この方が体験したような変化の瞬間が、
あなたにも訪れるチャンスがある

 

「心地の悪さを解消するメソッド」を聞き返してみました

お姑さんがとても協力的で、お元気なので、手を出せないような感覚に
陥っていたことに気がつきました。
(無価値感や蚊帳の外といった「必要とされない自分」へと気持ちが落ち込んだ状態)

本当は夜家事をしたいとか、私流があるのを控えてきたことが
生きづらさになっていたことにも気がつきました。

働きながら、一人ではできないこともたくさんあって、
感謝の気持ちも当然あるんですけど。

 

感謝の念がモヤモヤの原因を見え難くしていた

感謝の念

これが無い人は、社会では相手にされなくなる

それほど、大切なコミュニケーションセンス

が、その大切なものがその奥にある自分の「思い」
モヤモヤの原因を見え難くしたりもする

なんと人間とは奥が深いのか。。。と思う

しかし、この奥深さに気づき、新たな発見があることで
私たちは清々しさを手に入れる

そして、自分が成長するという素晴らしい結果を手にする

実際にこの後、この方には新たな変化が現れてくるのです

 

目の前にある、できることを一つずつ

自分のペースで行動するようにしました。

ちゃんと無理せず、昼寝もしながら…。

行動する体がほんの少し軽くなったように感じます。

お姑さんとの距離感が、ほんの少し近くなっていってるように感じます。

他の課題も見えてきそうな感じもします。
ゆっくりゆっくりです。

 

自分とのコミュニケーションが人を成長させる

ただし、「適切な方向での自分とのコミュニケーションが」です

自責も自罰もない、ニュートラルな状態での自問自答 です

 

●このようなトレーニングにご興味のある方は、下記をクリックください。
あなたに合った学び方を見つけてください。

ネットコミトレ自主学習はこちら
https://bit.ly/2UNFy6i

自分のトレーナーになるための講座
https://bit.ly/2UM24fV

イベント一覧はこちら
https://amba.to/2S32W22

書籍・カレンダーはこちら
https://bit.ly/2RKLSOP

研修・講演依頼はこちら
https://bit.ly/2R5HSDA