親はみーんな、自分を責める

●親は自分を責める●

 

泣き止まない子どもに強くアタッてしまった、、、

子どもの言動の意味が理解できない、、、
自分の育て方が悪かったのか、、、

それが正しいと思って育てたけど、今思えば、、、

子育て中のママと話しをすると、「ごめんと思う」
という言葉が頻繁に出ます。

そうなんですよ、親はみーんな自分を責めてます。

その強度には差がありますが、みんーんな自分の子育てが
間違っている?間違っていた?などと責めてます。

保護司をしていた時に出会った対象者の母親もそうでした。

保護観察を受けている我が子(対象者)について、その母親に
話しを聴こうと面談した時、

「ものすごく、自分を守っているな、このお母さん、、、」

という態度でした。

「何がこの守りの態度をさせているのか?」を考えながら
話しを聴いていて気づきました。

【このお母さん、ものすごく傷ついている】

学校や警察、ご近所や親族など、ありとあらゆるところで
子どもについて責められていることが原因。

ですから、私にも責められる!と思って、めちゃくちゃ守っていたのでした。

「私、もう知りません!」
「(私が)何を言っても、あの子は聞かないですから」

一見、無責任な発言ですが、この裏に隠れている母親の
傷ついた心が、この言葉を言わせています。

責任逃れのような態度を取っているのは、

「どうにもできない」という無力感や
「自分の子育ては失敗」という自分を責める思いから
逃れたいから。

これ↑無意識の行動です。

私はいつも、こう思うのです。

親だって、はじめっからプロはいない。
みんな、試行錯誤を繰り返し、失敗もする。
例え、2人目、3人目だったとしても、それぞれの子どもに
個性があって、前の子どもと同じには行かないことも多い。
親といえども、完璧はない。
そんな自分を責めることにエネルギーと時間を割くより、
自分の感情を整え、どう子どもと適切に向き合うか?に
エネルギーと時間を割いた方がみんなのため!

自分の行動を顧みるのは良いですが、責める必要はないんです!

●子育てについて悩みを打ち明け、解決策を探るセミナーを開催します。
ご興味があれば、ぜひこちらをクリック
https://wp.me/p5LMu1-1Dg

6/30 11:00~13:30
大阪メトロ長堀橋駅徒歩1分