【 場を握る 】トレーニング


人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。


あるリーダー。

ミーティングを行ったところ、リーダーに対する

不満や批判を含め、色んな意見が出た。


色んな意見が出る場を創る


というのは組織の活性化に繋がる。


というのを知ってる方も多いでしょうが、

かなかどうしてー! これが出来ない(笑)



そもそも、なぜに故に色んな意見を出せない場に

なってしまうのか?



「場」が危険と言う要素

 ・意見を言うと攻撃される。否定される。

 ・参加している人同士の関係が悪い。

  信頼関係がない。


 安心して意見が言えない



他人事という要素

 ・やらされ仕事。

 ・腰掛的な姿勢で仕事をしている。


 自分には関係ない



上記は主にメンバーが抱える課題的要素。


では、リーダー側が抱える課題はどんなものか?



場が荒れるという恐怖

 ・紛糾してまとめきれなくなるのでは?という恐怖

 


自由な意見は言わせる。

   が、好き勝手にはさせない。



この在り方が崩れていると、メンバーの中に生まれる

スター★に「場」を持って行かれる(好き勝手にされる)。



自由な空間だが、

      好き勝手ではない。


この意識を持って場を握ること。



さて、これとは別の要素。

(自由に意見を言わせたくない理由)



自分の批判に弱い

 自分の批判をされたら困る。

 感情的になりたくないので、自由にはさせない。

 という空気を創ってしまう。



ネガティブな話しに弱い

 メンバーのだれかがネガティブなこと(目標を達成するのは

 無理。すごく時間がかかる。など等)を言われたら、他の人

 に伝染したら困る。



弱点をそのまま持っているとそこが反応する。



自分の批判をされようが、ネガティブな話しを

されようがそんなことにビクともせず、

「場」を握り続ける。



このバランス感覚をトレーニングする。



そうすれば、


お葬式のような静まりかえったミーティングが

活気のあるものに。


言いたい放題、収拾がつかないミーティングは

なくなる。



場を握るトレーニング


GOGO!リーダー!!




ブログランキング参加してみました!

よろしければ、ご協力ください 


人気ブログランキングへ

ネットでコミトレ学習しませんか?

6 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    自分の批判をされようが、ネガティブな話しをされようがそんなことにビクともせず、「場」を握り続ける。
      ↑
    とても参考になりました。こんな風にどっしり構えていつも淡々としてられるようになりたいのですが、何かコツってあるものですか?

  • SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは 米Pです。
    我が部署は…
    紙一重で…つながってますが…(汗)
    職人気質の部下が多く、
    仕事は責任感を持って一生懸命やってくれてますが…
    その分、
    担当が違うと真反対の意見が飛び合う場合が多いですねぇ…
    …なだめ・すかしの毎日ですネッ。

  • SECRET: 0
    PASS:
    「好き嫌いは、このような時に起こる」と、以下の法を話されました。
    「1.煩悩より起こる。煩悩とは、本能の強調と偏向でおこる『歪』を言う。
    2.本人自身の我がままの考え方より起こる。
    3.神佛の能きによる自然調節、矯正運動によって起る。
    ①食物の場合は不要な物、拒否反応の場合。
    ②危険な場合。
    ③自分の身体に合わぬ仕事などの場合。
    4.相手の意思の反映により起こる。
    「人間交際の場合、相手の考え方、意思の反響の場合がある」
    「信仰して修行すると、心が清浄となり、正しく正邪の識別が出来、良い事を好み、悪しきを厭(いと)うことの『好き嫌い』が、当然起こる。
    しかし、煩悩が多く、我がままな人は、とかく、薬となる忠言や苦言を嫌がり、逆に毒となる甘言や追従者を好むものである」
    「食物も同じで、身体の毒になる。
    酒、煙草、甘い物や魚肉のみを好み、薬になる野菜や酸味の物を嫌がるものである。
    その人の心掛けによって、神佛は、今まで好きであった毒のあるものは嫌になり、逆に薬になるものを好み、好きになるようさせられる」
    「『悪人だから…』と言って、人も、罪も、憎まず、慈悲心をもって、相手に対処すべきである」

  • SECRET: 0
    PASS:
    >イオさん
    はじめまして。
    コツですね。
    よくみなさんから質問を受けます。
    このこと自体のコツというよりは、前進や成長を促進するコツとしてお伝えしているのは
    自分を観察する。
    です。
    もうちょっと具体的に言うと、
    自分のコミュニケーション上の機能しないクセを観察することで発見する。
    そして、それを機能するように改善する。
    私はこれを前進成長のサイクルと呼んで、セミナーなどで詳しくお話しして掴んで頂くようにしています。
    とにかく、まずは自分のコミュニケーション癖を観察することです♪

  • SECRET: 0
    PASS:
    >フサ君の思考の部屋さん
    「『悪人だから…』と言って、人も、罪も、憎まず、慈悲心をもって、相手に対処すべきである」
    この感覚は、人を人とだけ観るのではなく、魂として観た時に、初めて機能するようですね。
    この観点が育ってない場合、嫌いや憎しみに飲まれて本人が苦しむことになる。
    掴んで頂くのはなかなか難しい。
    特に異文化教育を受けてらっしゃる方には・・・
    がんばりまーす^-^

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください