部下とのより良い関係を築く為の観点


人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。


あるリーダーは来年、部下に席を譲る為に

育成に取り組んで来ました。


初めはかなり反発を見せる部下。


年の近い上司と部下には起こりやすい。


張り合う


覇権争いをしてしまう。


このような状態から、パワハラが生まれる

のだと思います。


リーダーとして組織をリードしていく時に、反発者が

出ることを恐れる。


パワハラは恐れからの行為


とも言えます。

故に、リーダーは精神力を鍛えなければ(自己成長)、

相手の反応的なコミュニケーションに巻き込まれ

やってしまうのです。



このクライアントには、立ち位置を変えて部下と

向き合うという観点を提供しました。



どのような観点か?


次を託す相手として扱う



当たり前っちゃ~当たり前。

が、しかし、これが案外落ちている。



そんなの当たり前


の世界にいると、私たちは注意を払わなくなる。


油断という状態になる。



部下に対して厳しい態度を取るようになる。


それじゃ、この席は譲れないよ。

この席に座るならしっかり学べよ。


という思いに怒りをまとってしまう。



これが部下からのより一層の反発を招く。


リーダーも人間。

不快なコミュニケーションに反応してしまいます。


が、その状態を少しでも早く掴み、訂正すること。


そして、観点や立ち位置を変えてコミュニケーション

することです。



この関わりから、部下の反発は静まり、リーダーからの

課題や指示に積極的に取り組むようになりました。


クライアントはパワハラをせずに済みました。



観点や立ち位置を変える


互いの組織のより良い結果の為に、ぜひ探究を。



GOGO!リーダー!!

ブログランキング参加してみました!

よろしければ、ご協力ください 


人気ブログランキングへ

ネットでコミトレ学習しませんか?

4 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは 米Pです。
    私も同じ様なシチュエーションですネッf(^^;
    社歴も年齢も同じ平社員の部下がいます。
    どうしても…
    『期待が先』になり、
    本人の反応に…「イラっ」としてしまいます。
    少し…キツい言い方になってしまってたかなぁ~
    …反省しきりです

  • SECRET: 0
    PASS:
    私が普段心掛けている方法で、相手に強制していては仕事がスムーズに流れる事は難しいですね。
    逆に相手にやる気を出せさる方向にする事が大切ですが、このやる気を出させる方法が一人一人違うから悩んでしまいますね。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >米Pさん
    反省ですか^-^
    ま、反応に反応するのは極普通ですから。
    ただ、反応しにくくすることは出来ます。
    それは自分をしっかり観察してコントロールすること。
    コントロールするにはどんな言葉を自分にかければいいか。
    などを、トレーニングすると良いですよ。
    GOGO!米P!

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください