守破離の【離】の時を、互いにどう扱うか?


人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。



守・破・離の離の時


って、人は罪悪感を持つんですよね



リーダーであるクライアントは、この時期を迎えて

るようです。


リーダーではあるが、自分にもリーダーが居る。


駆け出しリーダーの頃はその人について1~10まで

を真似てやってみることで学ぶ。


こなれてくると、アレンジしてみたり独自の観点で

物事を扱ってみたりする。

が、大事な判断の際は、相談してみる。


こんな時期を過ぎ、最近は自分が考えたことを単独で

動かしてみたい。

少し窮屈さを感じ始めている。



こうなると、人間っちゅ~のは、10人いれば9.8人

くらいの確率で


罪悪感


を持ちます。


これって人間独自のものですよね。


動物の世界で、親離れするのに「罪悪感あるわ~~~」

とか思わないですよね。きっと。

ちゃんと動物たちに訊いたことないけど、無いだろう(笑)


育成(親)側が、「離れて行くな~~~」ってエネルギーを

発散するってのも、人間の世界にはあるけど、動物の世界

にはないよな。

ま、野生動物の世界には無いな。

容赦ないもんな~~、親離れの時の野生動物の親って。



てことで、育成(親)側が、「離れて行くな~」ってな関わりを

することはあるかもしれない。


それに反応して罪悪感を持ち出すことはある。


が、それに巻き込まれている場合ではない。


なぜなら、育成(親)者は無意識でその関わりを

している場合が多いから。


ここが人間と動物の違い。

情緒が発達した分、人間はややこしい。


互いに成長と発展を願うなら、分けて観る意識は大切。


分別(ふんべつ)



そんな質の話しをクライアントにすると、

すごくすっきりした声で


そうですね。本当だ!

しっかり分別します!!


と清々しくおっしゃいました。


人間とはややこしいですね。



GOGO!リーダー!!




ブログランキング参加してみました!

よろしければ、ご協力ください 


人気ブログランキングへ

ネットでコミトレ学習しませんか?

6 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    「離」は喜びに取れるといいですね。
    メンターは自分の指導方法に間違いが無かったと確信ができ、リーダーはメンターと肩を並べる事が出来たと素直に喜びたいですね。

  • SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは 米Pです。
    最初から好き勝手をしたがる部下達は…指導しますし(これが一番困りますがネッ)、
    私は『基礎』しか教えません。
    暫く様子を観てますが…
    気付いたは注意しますが、後は…本人に任せます。
    勿論、私に確認をしてくる部下には指示を出しますがネッ。
    私は…野性的なのかもしれませんねぇ。

  • SECRET: 0
    PASS:
    教える側の観点からすると、守破離の「守」の部分は自分が最初に師に教わったことを教える形式を守る事が大事ですね。
    自分が「離」に到達したからと言って時短を図り「破」や「離」の応用部分から教える指導者がよく見受けられます。
    「守」から教える体系を崩してしまい基礎が備わらないまま応用を指導する事は どんな事でもそうですが、必ず重要点を疎かにしてしまうと同時に未完成な習得となり、引き継がれていく後輩ら全てがそんな流れを組んでしまいます。
    指導者がそこを間違わない事ですね。
    ISOの規格取得でさえ、指図書に基づいた作業をしてる事が当たり前なのですから。
    全ての作業の改良を独断判断するのは「離」に到達しても初心者の事を考え慎重判断すべきです。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください