「考えない人」を引き寄せるリーダー

リーダーを応援する瀬戸口です。



リーダーの質が組織に映る



この言葉を何度かこのブログでもご紹介しています。



あるクライアントは、メンバーを育成することに取り組む

必要性を感じてセッションを申し込まれました。


この方のメンバー(部下)は、


仕事に対する思いはしっかり持っている。

責任感もある。

違う職種でも実績を作っていた。


というように、「伸びる質」を持っているようです。



が、結果が出なかった。


なぜなら、


今までは人間関係が上手く築けず、育成に関われる

状態ではなかった。



そりゃそうですよね~~~~


信頼関係がないところに

          育成という文字が入り込む余地はない


ですよね。


育成するとなると、

相手が聴きたくないことを言わねばならない場面もある。

勿論、相手が嫌がるであろうことは誰しも言いたくはない。



嫌われる・拒絶されるというリスクを負うわけだから。



その壁を乗り越えてでも関わるというのは、

相手との間に信頼という人間関係が出来ているからこそ。



このクライアントは、最近ようやく互いにしっかり向き合える

状態まで成長してきた。



これは素晴らしい事。

そして、トレーナーとして関わっている私としては

よっしゃーーー!!と、本当に嬉しいこと。



が、しかし、目指す結果を手に入れる為には、まだ不十分。



このクライアントの現時点での最大の課題は



自分で考えない



私に答えをもらおうとしてしまう。



私がセッションで答えを与えるのは簡単なこと。

心理を勉強し、17年の実践の中で培ってきたことがある。


だけど、それじゃ~なんにもならない。


私が居なければ、私に確認しなければ、

何も前に進まない。


そんなことを創っても意味がない。



現場で、その場で自分で考え、

      最善の答えや方法を編み出す。



これが身について入れば、人生や仕事の現場で

起こることを自分の力で処理して進める。




冒頭の言葉




リーダーの質が組織に映る

自分で考え、最善の答えや方法を編み出す癖を

持っているリーダーのメンバーには

考える(考えようとする)空気感

生まれます。


が、そうでないリーダーは、考えない人に囲まれるのです

ここで注意点!

自分で考え、最善の答えや方法を編み出す癖のある

リーダーはメンバーの課題にまで答えを出す癖もある

場合が多い。

簡単に答えを与えない!と意識することです^-^



さぁ~て、アナタなはどんな質ですか?



GOGO!リーダー!!