リーダーは夢を語れ!というけれどさ~~~なお話し

リーダーを応援する瀬戸口です。



アナタは夢を語れ!と言われて

困りません?



リーダーは夢を語れ!とよく言われますよね。


アナタはどうでしょうか?

なかなか難しいのではないですか?

難しいと思うんだよなー、私。


私がOLだった頃、夢を語る上司がいました。


今ではもうそんな光景はないでしょうが、残業していると

その上司がやってきて、「仕事あります!」って言うのに

無理やり飲みに連れて行かれる^^;


仕事なんかやめてしまえ~~~~!

飲みに行くぞ~~~~~~~~~!!!


もう、怪獣状態です。

今の世の中じゃ~~、浮いてしまいますよね。

しかし、妙に懐かしいなぁ~~~、こんな上司。

豪快な人でした。


さて、この方、お解りの通り熱い!

松岡修三もまっつぁおっ!


飲みに行くと、決まって未来の夢を語る。


また始まった~~~~~という空気にはなりますが、

どこかでちゃんと聴いている


熱い話しに迷惑顔をしながらも、案外そんな話が好き。


人間ってのは面白い。


だからみんな、仕事ある!と言いつつも、飲みについて

行っていたのだと思います。


実際、この上司が居た頃はものすごく団結力がありました。



なんせ、日々この上司の夢(意図)を聴かされている。


否応なしに、方向性を合わせることになる。


夢を語ることは、ワクワクを創るだけではなく、

こんな効果もあるのです。



だから、リーダーは夢を語れ!と言われるんですがー、


語れ!って言われて語れます???


多くの場合、


夢な~~~~、う~~~~ん・・・


という感じではないかと思います。



こんな状態の自分をイケないとする必要はありません。


だって、当たり前です。


夢を語るにも、練習(トレーニング)が要ります。



え?!と思うかもしれませんが、日々目の前の仕事に

追われていて何も考えてないのに、いきなり夢は語れない。


夢を語るなら、それなりの準備が必要ということです



3年後 5年後 10年後


どんな状態で在りたい?俺(私)?


ってな具合に

自分とコミュニケーションする時間を持つことです。

それがトレーニングです


さて、トレーニングする時には!


未来から戻ってくるようにしてみてください。


10年後の状態を考えてから、5年後、3年後と戻るように。


そうすると、1年後は、来月はどんな状態になって

いたら良いか?を考え易くなります。


さぁー、トレーニングしてみましょう。


アナタがトレーニングすれば、メンバーに伝授しやすい。


メンバーが自分で未来の夢を語れる組織!

素敵ぢゃ~~ないですか?



GOGO!リーダー!!