前進の回転が始まる時

リーダーを応援する瀬戸口です。



やっぱり観たくなかったのかーーーーー



あるリーダーがセッションでつぶやかれました。


セッションに来られたこのリーダー、目に眼帯を

されていて何やら痛々しい。

(なんでしょうね。眼帯してると痛々しく感じるな~ ^^)


訊いてみると結膜炎。


三日で治るって言ってたのに、一週間ですわ。

しかも、右目にも症状が出始めたんです。



本人曰く、抵抗力が落ちているみたいです。



セッションで話しを伺うと、やはり仕事上、違和感を

持っておられた。


今は休閑期のようで、ゆっくりしているから別に良い

とは思いつつ、なんか仕事に意識が向いていない。


何に向いているのか。


登山


3ヶ月前に社内でワンゲル部を設立。

しかもなぜか部長(なぜ今? 笑)


山に登ると癒しがある



らしい。


確かに、山の上は下界とは違ってエネルギー状態は良い。


山で人と出会うと「こんにちは」って挨拶するでしょ?

下界ではしない人でも、つい挨拶している。


これって山が持つエネルギーが人を開き、人と関わる

という本来の能力を発揮させるのです。



山には癒しがある



この言葉を聴いて、私の中の仮説が確信に変わりました。



現実の世界に

何か観たくないものがある



そして聴いてみるとやはり出てきました。


ビックプロジェクトの案件がありました。


が、そのプロジェクトは数ヶ月前危機に瀕し、社内でかなり

叩かれた。


今回もかなりの反発やネガティブな反応が予想される。


ハイリスクハイリターンの案件。

取り組むに値する!



と、頭では思っているが、心が疲れている。


観たくないものは、コレだった模様。



新たな観点に気付かれたリーダー。


そうかー、観たくないと言えばそうですね。

山の予定をどんどん作ってますしね。

ちょっと異常だなーと思ってました。

そうかーーーーーーー


と、何度もそうかーを連発。


能力を発揮したいと思うこの案件に向かう為の対策を

一緒に探究したのち


ちょっとこの方向で新たに取り組んでみます!


と、爽やかに軽やかに去って行かれました。


自分が何に引っかかっているのか


に気付いた時、

私たちはまた前進の回転が始まります。



GOGO!リーダー!!





















ネットでコミトレ学習しませんか?

4 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    これも納得です。自分でも実感します。
    逃げに入ったときに、大抵他に意識がいってる。
    でも、どこかに「やらなきゃ」と思うじぶんが
    いて、なにかのシグナルを出しますよね。
    逃げずに向き合うと治るし、やらなきゃいけないことも、うまく回り出す。
    人間って不思議。

  • SECRET: 0
    PASS:
    読者登録ありがとうございます。
    私も微力ですがリーダーの役に立てていきたいと思います。
    よろしくお願いします。

  • SECRET: 0
    PASS:
    目の前に片付けなきゃいけないことがたくさんあるとき、こういったことに陥りますよね。
    「優先順位決めて…」なんて聞こえの良い言葉を使って片付ける順番を決めるんですが…
    何か引っ掛かって、うまくいくイメージができないものは後回しにしてしまう。結局簡単なモノから手を付けてしまうんですよねぇ。
    それはそれで、片付いていくんだけど…。肝心なモノが後回しになってたり笑
    とはいえ、引っ掛かってることを明文化して、場に出してみたいにやれば、抱え込まず前に進む"イメージ"ができる→ポジティブにコトが進むんでしょうね。
    前進の回転の原則は「一人で抱え込まない」なのかもしれません。
    あっ、あと、いつもコメントにご返答をいただきありがとうございます。自分の考えをブラッシュできたり違う観点でみることができるので、ほんとうにありがたいです。
    以上、コメ長くなっちゃいました…

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください