こんな観点も結果を手に入れるのに効果的です。

リーダーを応援する瀬戸口です。



理想とするリーダーや有名人は誰ですか?



リーダー研修などで、このような質問をされたことが

ある方もいらっしゃるかも。



なぜにこのような質問をされるのか?


在り方を明確化する



在り方


を意識されたことがあるでしょうか?



在り方は、欲しい結果を引寄せるのにかなり強力です。


なぜなら、在り方と結果が一致するから。



成功哲学でよく言われることに


やりたい、なりたい では「やれない」し「なれない」

「やる」や「なる」と言った人だけがその結果を手にする


というようなことがあります。



私はこれにさらにこの言葉を付け加えます。


欲しい結果をスピーディーに手にする為には、

すでにそう在る自分で考え行動すること



上記は何を言っているかと言うと


全て在り方の話。



欲しい結果を手に入れたい時、私たちはこう考える。


どうすればそれが手に入るか?



これも悪くはない。

どうすれば?と考えることで達成出来ることもある。


が、色々考えあの手この手を試しても上手く行かない時は、


行動ではなく在り方を見直してみることです。



この結果を手に入れてる人とは、どんな考えでいるか?


目の前の現実をどう捉えるのだろうか?

「これは無理だ」と思うのか?


このチャンスと思われるような機会をみすみす

逃すようなことをするか?


「これはまだ早い」などと言うだろうか?



など等、

欲しい結果を手に入れている人として存在してみる。



この方法が難しいと感じる方は、冒頭の質問を使いましょう。


理想とするリーダーや有名人ならば、

こんな時どう考えるのか?

この状況をどう捉え打開していくか?



これをモデリングといいます。


理想とする人をモデルにして、その人を疑似体験してみる。


そうすることにより、

アナタのパラダイム(常識や価値観の枠組み、

既成概念など)が少し変容して、いつもとは

違う結果が手に入る可能が増します。


在り方

アナタは欲しい結果が手に入る

在り方になっていますか?



GOGO!リーダー!!

















ネットでコミトレ学習しませんか?

10 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    いつも大変・貴重なお話を読ませて頂き
    感謝しています。ありがとうございます。
    今日のお話は、?少し解りにくかったです。
    否定をしているのではなく過程~在り方
    「自分自身がどのように、在りたいか?」
    そこ」が1番重要なこと。
    在り方と結果が一致するのではなく?
    「どう在りたいか?目指す努力と過程に
    良い結果が伴い継続していけば?」
    自分自身の欲しい立場等が手に入れられる。
    同じようで、解釈はまるで違う気がします。
    ごめんなさいあくまでも感想です。
    悪しからずご容赦ください。

  • SECRET: 0
    PASS:
    リーダー、管理職の研修もさることながら、最高意思決定者である社長次第でしょうね。
    社長に、勉強し直せって言えれば良いですけどね。
    経営者研修を、積極的に導入し、経営者自身の質の向上を図るところは自然と管理職の質も上がると思います。

  • SECRET: 0
    PASS:
    すごく、よいお話ありがとうございます。在り方を見直します!

  • SECRET: 0
    PASS:
    自分の周りにいる7人の影響を、知れない内に受けていますから、自分の周りには、いつも理想とする人と一緒に居る時間を多く作り、良い影響を受けるようにしたいですね。
    「未来は暗いから見えないのでなく、眩しすぎて見えない」と信じて進みたいですね。

  • SECRET: 0
    PASS:
    >サイモンさん
    やっぱり、解りにくかったですか?
    在り方の話しは、解りにくいんですよね。
    研修やセミナーなど、ライブで話しをしていても、掴めたような掴めないような・・・って状態になったりします。
    ライブなら、その場で色々付け加えながら掴んで頂くんですがね。文章だと限界がありますね。
    ブログで書くのをためらうことが多いんですよね。コミュニケーションの話しって^^;
    少し付け加えると
    在り方→行動→結果
    という形で一致しているということです。
    欲しい結果の為に、行動だけを変えようとしても、その手前の在り方が一致していないと、行動は在り方に添ってしまう。ということは、いくら結果でると言われる方法や行動をやってみようとしても、そうはならない。結局、結果も望むものにはならない。
    なので、行動を変化させてみようとしても効果が感じられない場合は、在り方に目を向けるということです。
    「こう在りたい自分」になって思考する。
    思考したことを「こう在りたい自分」として行動してみる。で、結果がどうか?を観察(検証)してみる。
    在り方に意識を向けると効果があったか?
    効果ありなら、今後も使えるということ。
    効果がなければ、もっと違うところに意識を向けると良いということが解る。って感じです。
    あーーーー、これもややこしい・・・
    文章で書くと周りくどいですね。
    イマイチ???を解消出来ないですかね^^;

  • SECRET: 0
    PASS:
    >ジャンゴさん
    確かに、トップの意識は組織に顕著に反映します。
    自分を振り返り、自己成長に意識がある方の組織は同じような動きをしますね。
    また、トップが自己成長の取り組み始めると、組織の質が変化して活性化が起こったりします♪
    なので、リーダーに自己成長への意識を持って頂くべく、活動しておる瀬戸口でございます!!
    弁論大会のようになってしまいました^^;

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください