そうか!を実践に結びつける方法

リーダーを応援する瀬戸口です。



このブログお役に立ってます?



お役に立っていれば良いのですが、更にお役に立つ

ようにしようと思います。


で、このブログを読んで頂いて


そうか!  

なるほど! 

うーーん、これは実践しよう!


などと思ったものがあった場合、どうしてます?



その時はよっしゃー!頑張る!!と思ってても

3日もすれば忘れてません?(笑)



クライアントの多くが初めはこんな感じです(笑)


本当に三日坊主です(爆)



そこで、私たちは三日坊主になる!!


ということを認定しましょう。


これを認定すると、三日坊主にならないように

意識を使うことが可能になります。


逆に


三日坊主にはならん!!


と、そんな自分は無い!としていると、三日坊主率は

上がります。


意識が向かなくなるから。



なので、三日坊主になることを前提にして、

三日坊主にならないようにする方法を考えること。



ここでのポイントは


外的刺激を使う。



アラームのように、思い出させてくれる仕掛けを考える。



例えば、携帯のアラーム機能を使って毎日、キーワードを

観るように設定する。


とか


アナログなところでは、付箋に書いてあっちこっちに貼る。


とかね。


自分が忘れてても、思い出させてくれる仕掛け。



良く在る失敗例としては、


自分がなんとか覚えておこうとして、何度も敗北感を味わう

ってやつ。



これは機能的ではない。


でも、こういう自己の記憶力にかけるってな機能的でない

ものをついつい選んでしまっているなら、それもアナタの

コミュニケーション上の癖です。



さて、アナタはどんな仕掛けを創りますか?



GOGO!リーダー!!