部下の能力に気後れしているリーダーへ!

リーダーを応援する瀬戸口です。


部下の方が能力が高い



リーダーになって初めて部下を育てようと

取り組んでいるクライアント。


この思いがいつも頭をもたげる


リーダーとして必要なことを言おうとする時、

チャレンジの課題を提示しようとする時など

どうも気後れしてしまう。



なるほどね~。そうなるよな~。

と思うようなことですが、なぜに故にこうなるか?

を探究してみると


先ず、


気後れする



ってことは、どういうこと?


相手より劣っている


と思う瞬間。



ってことは、

リーダーとは部下より劣っていてはいけない。


という考えが在るってこと。



探究ポイントはここ。



劣っている


って何が?

とこのクライアントに質問してみた。



判断力もあるし、意識も強い。

決めたことは必ずするし、達成への構築力もある。

自信もものすごい。



言うこと無しの部下を持っている。


部下が上記のような状況にはないので嘆くリーダーが

多い。



人間を観ていて思う。

どうやら私たちは

何かしら欠点を探してそれを嘆きたい生き物らしい。



さて、話しを戻して

多くのリーダーを観てきて、ここに引っかかることが

とても多い。



これはどこからくるものか?



同じ土俵に乗っている


から。



部下と同じ土俵に乗って、取り扱う事柄の精度を

競っている。



そもそも部下とは違う土俵にいるのがリーダー。


しかも、部下と同じ土俵に乗って仕事をすることを

組織は要求していない。


要求されたこと在ります???


それならリーダーというポジションは要らない。



では、リーダーとは何をする人?



部下や組織を活かす人



どんなに素晴らしく観える人でも、完璧な人はいない。


観えてないところも在る、うっかりすることや調子の悪い

時も在るし、何かに囚われて判断を誤る時も在る。



そんな状況を別の土俵から観ていて


後ろが観えてないぞ。

いつもより消極的になっているぞ。

これ忘れてるよ。

視野が狭くなってるように思うけど?



と、フィードバックしてバランスを取らせることで

部下の能力を活かすことが出来る。



同じ土俵に乗って自分の方が出来る♪・出来ない・・・

などと言ってる場合ではない!


アナタと部下とは土俵が違うのですよ。


同じ土俵に乗って勝負しようとしてませんか?


GOGO!リーダー!!


















ネットでコミトレ学習しませんか?

10 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    たまにスキルの高すぎる部下がいまして、苦労することもあります。
    しかし自分の強みと相手の強みを活かすようにすると違うものですね。
    頑張ります。

  • SECRET: 0
    PASS:
    立場が違えば求められるものも、
    当然変わってきますよね。
    実際に一緒に仕事をしていると、
    自分と比較してしまうのも仕方ないですが…。
    自分に足りないものを持っている人は、
    「(仕事が)出来る人」に見えるのでしょうね。

  • SECRET: 0
    PASS:
    能力差は必ずありますので、チームとして個々の能力が充分に発揮出来事が大切ですね。
    自分に無い能力を探すより、自分の強みを探しそれを見つけれると、部下に対する指導方法を変わるのでなないでしょうか。
    自分が部下より優れている事より、自分の得意な事にスポットを当てましょう。

  • SECRET: 0
    PASS:
    なぜ張り合おうとするんですかね?
    別に自分より能力が高いと感じるのなら、
    その子に上手に抜かれる方法を考えればいいのに。
    今すぐは抜かれない。
    でもいつか抜かれるだろう。
    だったら抜かれる時にもっと高みに至ってから抜かれようじゃないか。
    そう思えば自らも高めつつ相手も高めることが出来てよろしいかと思うんですがね。
    経営者なら別ですけど、
    サラリーマンなら所詮誰しもコマにすぎないのですから。
    より会社が良くなるために自分はどうしたらいいのか?
    それを考えたらいいのではないのでしょうか。
    乱分失礼しました。

  • SECRET: 0
    PASS:
    リーダーがわざわざ部下の土俵に降りてきて、その時だけ批評することがあるのです。
    行う仕事内容が違うのだから、批評はしなくてもいい筈なのに・・・
    リーダーを同じ土俵に持ってこさせない作戦は無いものなのでしょうか・・・

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください