後ろめたさから解放され能力を発揮する方法

リーダーを応援する瀬戸口です。



人が


言葉と行いが一致しないことを気にする



のはなぜか?



人格を疑われる

信頼を得られない


というのは一般的。



毎度言いますが、言動が一致しないのは、


説得力


が無くなる。

こりゃリーダーにとっては致命的。


これらのことを子どものころ教育され、また体験的に

知っているので、私たちはきちんと(笑)気にします。


これはこれで良い。

一致するようにしていれば、上記のような状態は回避

出来る。



が、人間そんなに簡単ではない。


時には一致しないようになることもある。


例えば、あるクライアント。

仲間に裏切られ一人悪者扱いされ、周囲からの

信頼に著しくダメージを受けた。


当時は、怒りと悔しさ、腹立たしさ、周囲からの目に

耐えかねて、荒れた状態に。


が、ようやく踏ん切りをつけ、新たに信頼を積み重ね

自分らしさを取り戻した。


そんな時、裏切りダメージを与えた仲間が何事も

無かったかのように、助けを求めてきた。


当時を知り、クライアントを思う周囲の人間は


あほちゃうかーーーー?!

今更どの面下げてっ!!!

そんなの相手にするな。もう、関わるな!!

放っておけ。


と、怒り心頭。


当の本人も初めはもう知らん!!と言っていたが、

どうやら雲行きが変わってきた。


状況を冷静に見たら、今助けられるのは自分だけ。


とリーダー魂がメラメラと湧きあがってきたらしい。



が、周囲が自分を思ってくれているだけに、どう言ったら

良いのか?と困っている。

という状態。


ま、お人よしもホドホドにとは思うものの、

コミュニケーショントレーナーとして、


本人の人生は本人のもの。

自由に選択すれば良い。


自分の選択であれば、結果を引き受けられる。


を信条にしているので、


助けても良いですかね?


と、クライアントに質問された時に


アナタがそうしたいならそれで善し。

ただ、リスクがあることは覚悟する必要はある。

その覚悟はありますか?

同じことになっても、それはアナタの選択からの

結果と引き受けますか?



と訊くと力強く輝く笑顔で



はい!



間、この状態の時はしっかり能力を発揮します。


アナタも迷った時は、自分に訊いてみて下さい。


それを誰かや何かのせいにせず、

しっかり引き受けられるのか?


そうすれば、軽やかに能力を発揮する扉が開くはず。



GOGO!リーダー!!