部下との違和感はここから生まれてないか?

リーダーを応援する瀬戸口です。

違和感


部下との違和感の素を考えたことあります?



アナタの中に湧いてくる色んな観点は、

今後の課題としてもらい私からはこんな観点を。


経営者やリーダーの方は色んな研修やセミナーなど

会社で提供される以外に個人的も参加されている

ケース多いです。


そういう方ほど違和感を感じてらっしゃるのでは

ないかと思います。



その原因は


情報量のかい離



勉強した人とそうでない人。


そりゃ差が生まれます。



学んだものはシェアする


ことです。

そうすると、違和感は緩和されると思います。



が、


そんなこといつもやってるよ。でも違和感はある!


そういうアナタ^-^


マネージメントの考え方やどう組み立てるかなど

やり方を中心にシェアしていませんか?


勿論それも大事なので、どんどんシェアして成長を

促していきましょう。


ただ、それだけだとついて来れない。不十分です。



もう一つ必要なものがあるから。


それは思想


何かを考える時の素になるものです。


何を良しとし、何を良しとしないか。

どのタイミングで何を手放すのか。

何を大事にして何を横に置くのか。


そんなものを生み出す素となるもの。

これが共有されていないと足並みは揃わない。



例えば、昨日セッションしたリーダー


色々起こってくれた方が良いんですよ。

その方が成長しますから。

絶対そうですから。


と軽やかに言い切ってらっしゃいました。

しかし、部下のみなさんがそう考えているか?

というとちょっと怪しい部分もある。


リーダーは掴んでいる。

しかし、部下はまだ。


ここがズレていると、お互いにやりにくい。


学んだものは思想も含めてシェアすることです。


GOGO!リーダー!!










ネットでコミトレ学習しませんか?

4 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    いつも拝見させて頂く度に、
    凄く力のこもった素晴らしい内容だな。
    感心してしまいます。
    少し気になるのは、?  英語使用が多い事。
    誰しもがおそらく、その意味は理解する事
    しかし、日本語を使われた場合も
    柔らかく、しなやかに伝わる場合もあります。
    余計なお世話かもしれませんが、?
    私事で恐縮ですが、自身も以前に「横文字多用
    すぎる。冷たく感じる。」と助言されて、
    イラッ~つきましたが、実際に反応は日本語を
    使用したほうが、お話を「共有」できたりしました。
    ゴメンナサイ。否定したいのではありません。
    ご理解をお願いします。
    これからも、ブログを楽しみに読ませて頂きます。宜しくお願いします。

  • SECRET: 0
    PASS:
    いつも勉強させていただき、ありがとうございます(*^^*)
    「情報のかい離」、まさしくそうですね
    みやちゃんは部下よりも、上司との間で日々感じます。
    部下として「情報のかい離はマイナスに働くだ」ということを知っていれば、上司から情報を引き出すという行動をとることが出来ますね。
    GO!GO!部下です(^∇^)
    あっ、もちろんリーダーとしても取り入れます!!

  • SECRET: 0
    PASS:
    >サイモンさん
    引っかかりを伝えて頂きありがとうございます。
    横文字多用はコーチングが輸入ものなのでそうなり勝ちなのですが、
    OLから転職した時に市民セミナーで横文字拒否の洗礼を受けました(笑)
    そこから出来るだけ日本語にしたり、日本語の説明を
    加えつつやっていますが、セミナーや研修などでは用語として
    意識的に使う必要はあるのですが、不特定多数の方に
    見ていただくブログでは抵抗感のない方を選択する必要がありますね。
    さらに、今日のクライアントのセッションでも横文字用語の
    意味がわからず聴き直されてましたので、このコメントとあいまって、
    なぁ~るほど~~~、日本語を意識しなさいってことだな~と
    気づきを頂きました。
     
    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください