アナタは【 許 す 】を成長へと使えているか?

リーダーを応援する瀬戸口です。



許すの分別(ふんべつ)出来ています?



日々色んなことが起こります。

ムカっ!とくること、カッチーン!とくること。


自己や部下・子ども(人間)の成長を促すよう出来事

が日々起こる。


そこでそのチャンスを活かして成長につなげるか

次のステップを踏む・踏ませることが出来るかどうかは


実は

許すの分別

が出来ているかどうかにかかってます。



知ってました?



何故にゆえに許すが成長のキーワード?


失敗は成長の種


これは誰もが知っている言葉。

内容にもそうだ!と同意出来る


が、実際事が起こった時、そんなこたぁーどこかに飛ぶ(笑)



どうにか無かったことに出来ないか?


と思う。


自分が起こしたことなら当然その気持ちが湧く。

が、部下や子どもが起こしたことでも同じ。


無かったことにしたい



怒りや困惑の感情が湧くのは、

            無かったことにしたいからこそ。


  

これほどまでに、人間とは失敗を嫌う反応をする。



しかし、起った出来事を成長に繋げる為には、

その失敗を存在させないといけない。



失敗を無かったこと、亡き者にしてしまう


         =


存在しないので取り扱えなくなる



どんなに観たくないことでも、在って欲しくないことでも

その事自体がアナタの中に存在すればこそ、


何がこの結果に導いたのか?

原因はなにか?

どう扱っておけばこんなことに成らなかったのか?


など、検証(振り返り)作業が出来るってもの。



出来事を検証してこそ、

初めて失敗は本当に成功の種になる。



その為には、起こった出来事を許すことが必要。



「出来事の内容を許せ」ではない。

それは起こらないようにする必要がある。


許すのは、

起ったという現象・その現実を許す。



ここの分別(ふんべつ)が出来ているかどうか?

を問うています。


許すの分別(ふんべつ)


アナタは出来ていましたか?



GOGO!リーダー!!

















ネットでコミトレ学習しませんか?

8 件のコメント

  • SECRET: 0
    PASS:
    失敗を失敗と捉えずに無視することがいけないんですよね。
    失敗を検証することは傷口を触るが如くですが、それができるかできないかにかかってるわけですね。

  • SECRET: 0
    PASS:
    ちょっとわからなかったのですが、起きたことから目を背けるのはダメ、という解釈で合ってますか?
    もしそうなら、怒りや悔しい気持ちでいるなら、目を背けていないからとりあえずOKってことでしょうか。

  • SECRET: 0
    PASS:
    53487失敗とな何でしょうか?
    自分の考えた方向が全て正しい訳では有りません。
    想定の範囲内の結果が成功ではなく、想定外も素直に受け入れる事が大切では無いのでしょうか・

  • SECRET: 0
    PASS:
    >竹中よしおさん
    ダメ!というとこれまた規制がかかってしまいますし、プレッシャーかかる感じですよね?
    竹中さんのコミュニケーショングセですね。
    ついつい規制をかけて自分にも周りにもプレッシャーをかけてしまうってね^-^
    ただ、現実をしっかり見詰めるってことです。
    そこに良いも悪いも持ち込まない。
    起ったことは起こったこと。
    これが起ったなと認識するってことです。
    そして、感情が動いているので観ているという感じではありますが、感情的になって不適切な処理や対応、変な落ち込み・自責などがなければ結構です。
    上記のようなことが起こっているのであれば、「許す」は使えていないということになりますね。
    活字では伝えにくいですか^^;

  • SECRET: 0
    PASS:
    >setochi@リーダー研修・人を育てられるリーダーサポートさん
    >竹中さんのコミュニケーショングセですね。
    >ついつい規制をかけて自分にも周りにも
    >プレッシャーをかけてしまうってね^-^
    あぁぁ、そうでした。その通りです。
    「こうでなければならない」「こうあるべき」といつも考えてしまうので、窮屈な人生を送ってます。昨日、「べき」はやめようと決めたので、今日からはもう自然体で、ありのままを受け入れる人生を送ります!

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください