部下が素直になった!を解説

リーダーを応援する瀬戸口です


実はちょっとやっちゃったんですよね・・・


とセッションでの第一声。


部下にガツン!と言ったことを気にしているらしい。



このリーダーは前にも登場していますが、年の近い部下が

妙に張り合ってくるという状態だった。


新年度を前に、人事が発表される時期。


やはり部下が昇格することは無かった。


そりゃそうやわなー、変に張り合ってくるようじゃー

昇格させるわけにはいかんよなー^-^

もっと大人にならないとね~~



で、来年の人事で昇格したいならということで、


ガツン!と課題を提示したのだけれど、

それで良かったのか?


との迷いが冒頭の言葉になっているわけです。



結果としては、この関わりは素晴らしく機能しました。



部下が最近、物凄く変わったんです。

報連相も頻繁に入るようになりました。

こちらの言うことをどんどん吸収しようという感じです。

この状態なら行けそうです!



と、とても弾んだ報告がありました。



この変化を創り出したポイントは何か?を解説すると


1、味方であることを表明している

  来年の人事で昇格させようとしていることを伝えている


  チームであることを意識させことで安心感が

  生まれる

 


2、課題を明確化している

  欲しい結果の昇格を手にする為にはという目標を明確化

  

  明確なことには取り組み易い



3、ニュートラルである

  課題を伝える際、お前ここがダメと言った形ではなく

  ただフィードバックする形で課題を伝えている


  感情的でないコミュニケーションは伝わり易い



どうですか?

参考になります?


ちなみに、このリーダーからは

先生、出張先からお土産を買って来ます!


とのメールがありました。

こんなに嬉しいんですよね。

部下とのコミュニケーションがスムーズだとね~^-^



GOGO!リーダー!!