夢を語り過ぎてないか?!


人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。



リーダーは夢を語れ!


これはリーダーの在るべき姿として

く言われること。


知り合いのリーダーの話。


この方、かなりのバイタリティーの持ち主。

見るからに何かをやると思わせる。


実際、やりたいことがいっぱい。

色んなことに興味があり、常にいかに商売にするか?

を考えている。


そして将来の構想を膨らます。


話しを聴いた人達はワクワク♪


よし!一緒にやろう!!

新規事業を立ち上げよう!!


そうしてメンバーが集まってくる。

しかも、それぞれかなり優秀な人達が。


が、しかーし!誰にでも課題は在る!!


このリーダーもご多分に洩れずです。



夢を語り過ぎ



リーダーは未来を見せること!


これもリーダーの在るべき姿としてよく語られますが、

夢や未来だけではダメという例です。



では、他に何が必要?



具体的な作戦


   


具体的な行動



ものすごーく当たり前過ぎて

なんじゃそりゃ?!

と思った方も居るかもしれませんが、あるんですよ

こういうこと。


特に、夢を語るのが上手な人が陥り易いかもしれない。


実際、このリーダーは全く気付いていませんでした。


自分に具体的な作戦や行動が欠けていることに。



それにより、メンバーが不安になる。

メンバーがその不安を口にしても


「大丈夫!大丈夫!!」


しか言わない。


具体的な作戦を提示されない期間が長いと

大丈夫と言われても全く説得力がない。


そうなると、組織は乱れ始める。


リーダーの言うことを聴かないことが増える。

力のあるメンバーは自分の意見を無理やりにでも

通そうとする。


リーダーが誰か解らなくなる。


実際にこのリーダーはこんな不満をつぶやいていた。


誰がリーダーか解らん!!



何事もバランスです。



夢や未来を語り、ワクワク♪を創り出すこと。



具体的な作戦を示し行動を起こし、結果を積んで行く。



アナタはこのバランス崩れてませんか?

今一度、振り返ってみてもいいかも?!ですよ。



GOGO!リーダー!!



ブログランキング参加してます。

よろしければ、ご協力ください 


人気ブログランキングへ