常識を教えるのは抵抗ありますよね


人気ブログランキングへ

リーダーを応援する瀬戸口です。


やってしまった!

その後の対応が大事なんですよね~


若い営業マン君

熱心に営業に来ていた。笑顔も営業マン向き。

この子は成績上がるだろうな~と思ってみていた。

ある日、新商品の営業に来た。

今すぐ必要というわけではない商品ではあったが、

熱心かつ圧迫感もなくのうまい具合の関わりに

「なかなかやるな~おぬし!」と思ったので(笑)

人なんてそんなもんなんですよね。

商品というより人を観ている。

人に好感を持てば、商品が必要無くてもチャンスを

与えてあげたくなったりする。

とりあえず、一度見積もりを持って来てと伝え

日程を決めた。

当日、待てど暮らせどやって来ない営業マン君。

空けていた一時間が経過した。

電話一本もない。

どうなってるんやろ?

日程間違えたか?

しかし、どんな教育受けとるんや?あの子は。

などと色々な思いが湧く中、約束から2時間半が

経過してやっとやって来た営業マン君。


にっこり笑って爽やかに♪


遅れてしまってすみません。

その時の態度にブッチギレタ!!(笑)


笑顔でなんでも乗り切れると思ってないか?!

あかん!なってない!!

電話一本もないってのは無いで、それはアカンわ。

お客さんの時間食ってるんやで。

これは営業マンとして最悪やで。

ごめんやけど、今日はもう話し聞かれへんから。


などというこちらからのお小言を

「はいはい、すいません」

と小さくなって聞いている。


ちょっと可哀想かと思ったが、

仏心は出さん!と帰って頂いた。

帰ってしばらくして、営業マン君が手紙を

渡しに戻ってきた。

内容は、


来る途中に事故を起こした。

で、動転して電話するの忘れていました。

すみません。また後日、訪問させて頂きます。

というもの。

まぁまぁ、事故を起こしたなら時間には間に合わない

のは解る。電話もぶっ飛ぶでしょう。

それはそれで理解しようとは思うが、

その後の対応がマズイ!

人間は間違いを犯す生き物ではある。

が、間違いの後の対応の質で関係が切れるか

より一層強くなるかが変わる。
お客様相談室にクレームを言ってきた客が
その時の対応で、もう二度と買わん!と思うか
さすがは○○社。今度も買おうと思うかが
分かれたりする。
この営業マン君は、ここを間違えた。
動転(アップセット)しても、ここを間違えない
ようにするトレーニングは出来ていなかった
模様。
こんなことは家庭で教えられるべきことだった
昔とは違い、今の若い世代は教えられていない
人も多いように思う。
なので、会社での研修や先輩などからの個別の
トレーニングにかかっているのだろうと思う。

リーダーの皆さま
常識を教えるのは抵抗があるでしょうが、
その常識を共有していない世代かもしれないです。
そんな観点からトレーニングされるのも一つかと
思います。


この場合、どう切り出すか?が課題になりますね。

切り出し方に悩むという方は下記を一例として

提示しておきます。


前置きを入れて相手に聞く体制を創ってから

始めると互いにスムーズかも知れません。


「知っているとは思うけど、気になったから言うけどね

良いかな?」


とか


「解りきったことを言われて嫌かもしれないが、今後の

ことを考えてあえて言うよ。良いかな?」



ポイントは、相手の将来を含んで言っているという

ことをきちんと伝えると良いと思います。


GOGO!リーダー!!


ブログランキング参加してます。

よろしければ、ご協力ください

 
人気ブログランキングへ